“自家製”ラムレーズンでらくちんおしゃれなパーティレシピ

イベントが多い夏はおうちで集まったりする機会も多いのではないでしょうか。
そんな時、自家製ラムレーズンがあれば、とっても簡単におしゃれに見える、おもてなしフードができちゃいます♪
ラムレーズンのかんたんレシピ
ラムレーズンのかんたんレシピ

自家製ラムレーズンの作り方


材料


・ドライレーズン 好きだけ(油不使用のもの。オーガニックがベスト)
・ラム酒 ドライレーズンがひたひたにつかるくらい

作り方


材料を密封できる空き容器に入れておくだけ。
(常温でも冷蔵庫保存でも可能)

これだけで自家製ラムレーズンの完成です。1日漬けでも大丈夫ですが、3日以上置いた方がレーズンにラムが浸みこんで柔らかくなります。
保存食なのでカビが生えない限りは1年以上もつと知り合いのお菓子やさんに聞きましたが、個人的にはあまり長く漬けすぎるとアルコールの風味がかなり強くなるので、数日前にさっと仕込んで、すぐに使い切ってしまうことが多いです。
もちろん大量に作っていつでも使えるようにしてもOK!

そんな手軽に常備できるラムレーズンを使ったおもてなしレシピとしてご紹介するのはこちら!

ラムレーズンとくるみのケーキ


材料(量)


・ホットケーキミックス 150g
・ラムレーズン 100g
・くるみ 40g

【A】
・牛乳 100ml
・メープルシロップ 50ml
・溶かしバター 30g
・砂糖 15g

作り方


Aをボウルに入れてよく混ぜたら残りの材料を加えてヘラでざっくり混ぜてパウンドケーキ型に流し180℃で40分焼くだけ。

ラムレーズンの風味とくるみの食感が絶妙で、お酒にも紅茶にも合うワンランク上のおもてなしのおやつとして活躍してくれます♪

他にも、クラッカーの上にクリームチーズ、ラムレーズンを乗せるだけでワインにもぴったりのおつまみに。
バニラアイスに混ぜるだけのラムレーズンアイスも鉄板です!

直接飲むものではないとはいえアルコールが含まれているので、車の運転をしなくて良い日や、夏のお泊まりパーティの夜、涼しいお部屋でぜひ楽しんでみてください♪
(水島尚美)

この記事を書いたライター

水島尚美
イラストレーター。やさしく上品でかわいいをモットーとしたイラストでWEB、書籍など他各媒体で活躍中。キラキラかわいくなれる「アイドル似顔絵」も人気。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡