生理中の体重増加に悩まない! 生理周期を意識した痩せやすい体の作り方

ダイエットを日々頑張っていても、「生理中に体重が増えちゃった……」なんて経験がある女の子も少なくないはず。実は、生理の周期で変わるホルモンバランスと痩せやすさには密接な関係があり、痩せやすい時期と痩せづらい時期があるって知ってましたか?

過去に58kgだった時期があり、必死にダイエットを続けて現在42kg。今は特にハードなダイエットはしていないのにリバウンドは一切なし。そんな私自身が常に意識している、痩せやすい体作りの方法を教えちゃいます!
生理中の体重増加に悩まない! 生理周期を意識した痩せやすい体の作り方の1枚目の画像


生理と体重には関係があった! 生理周期と痩せやすい時期に関係がある


実は女性にとって大事な生理の“周期”は、”痩せやすさ”とも関係していると言われているんです。
ダイエットに関係している主なホルモンは、生理と深い関わりを持つ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つ。

エストロゲンは妊娠の準備を整えたり、女性らしい体を作ったり、髪や肌のツヤ、心の安定にも関わります。さらには代謝をよくするなどの役割を持っていて、排卵期(生理終了から約1週間後)を過ぎたあたりから、徐々に量が減少していくと言われています。

プロゲステロンは、排卵期から生理前までに多く出され、妊娠に備えて栄養や水分を体内に備蓄する役割があります。大人ニキビ、皮膚の老化、イライラしたりやる気がでない、生理中にむくみの原因となると言われているホルモンはこれなんです。

生理周期のホルモンに合わせてダイエットするのが体重増加を抑える秘訣


生理周期と痩せやすさの関係性からわかる通り、ホルモンバランスによって体重にも影響が。痩せやすいときと痩せづらいときがあるので、生理周期でどういう関係性があるのか見ていきましょう。

生理前(黄体後期) この時は体重の増加は気にしなくて大丈夫!


生理前は余計なものをため込みやすく、便秘やむくみなどが起きやすいです。また、女性ホルモンが分泌され食欲が暴走しがちに。誰でも体重が減りにくくなるので、1kg程増えても当然の時期です。生理が終われば自然と水分代謝もよくなり体重も戻るので、この時期の体重の増加は気にしなくても大丈夫です!

食欲が増したり肌荒れしたりしても、生理周期を理解して仕方ないことなのだと割り切れれば、苦になりません。私はむくみ予防や過食だけは気をつけるように意識しています。

生理中(月経期) この時は体重が落ちにくい時期


体が重くお腹も痛くて、とてもつらい時期。基礎体温が下がり、体も冷えやすくなります。そんな生理中は体重が落ちにくい時期でもあるので、食事制限や無理な運動は逆にストレスとなってしまいます。

無理に運動せず、リラックスして過ごすのが正解! むくみの解消となる軽い運動や、リラックス効果のあるストレッチを行いましょう。

生理中のおすすめの過ごし方


また、食事もなるべく暖かい飲み物や汁物を食べるようにして、体を温めましょうね!
私は、お風呂につかってまったり過ごし、お風呂上がりは『WELEDA(ヴェレダ) アルニカマッサージオイル』を使って、むくみをとる軽いリンパマッサージを行っています。塗ると体が温まって疲れがとれる感じがしますよ♡

『Roiche(ロイーシェ)ボディオイルクリーム』は香りがとってもよくておすすめです♡

夜眠る前にカモミールやローズヒップティーなどで体を温めいたわります。現在の体重をキープするイメージで、ゆったり過ごしてください♡
生理中の体重増加に悩まない! 生理周期を意識した痩せやすい体の作り方の4枚目の画像


生理後一週間(卵胞期)は一番体重が落ちやすい時期! ダイエットにぴったり♡


生理後から排卵日までは、エストロゲンの分泌も増え一番体重の痩せやすい時期! 脂肪がとても燃焼されやすくなるので、ダイエットを始めるならこの時期がおすすめです! 集中して食事制限や運動に取り組みましょう。
1
2
3

この記事を書いたライター

海老原りさ
昔体重が58kgあったことで読者と距離が近い青文字系モデルとして活躍。現在は美容に関わる資格を取得しSNSでファッション・美容に関わる情報を発信しています

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡