太る原因は冷え症のせいかも 冷えたおしりや太ももはセルライト予備軍!

「冷房をガンガンに効かせた部屋でアイスクリームをたべる」「仕事の後はキンキンに冷えたビールで乾杯」「夏は毎日キャミソール!」――これら夏のあるある行動は、女性のカラダの“冷え”を深刻にする危険があります。冷えが深刻化すると、肌荒れや代謝低下、肩こり腰痛など女性にとって悪いことだらけ。
ちょっとお尻や太ももを触ってみて! ヒンヤリしているようなら、すでにセルライトとおデブ化の危険信号です。
そこで今回は「夏の冷え性を改善する方法」をご紹介します。

太る原因は冷え症のせいかも 冷えたおしりや太ももはセルライト予備軍!の1枚目の画像


暑い夏に“冷え”が深刻化する理由 熱中症のリスクも


夏は、外に比べて室内が冷えているため、体感の温度差が激しく変動します。すると自律神経系が乱れて、体温調節がうまくできなくなってしまうんです。さらに、冷たい飲み物を飲むことによって、冷えは悪化します。
こうして起こった“冷え”は、代謝を低下させ、リンパの巡りを滞らせて、むくみやセルライト、おデブ化をすすめます。
そして、最も恐ろしいのは、体温調節がうまくできなくなり、カラダにこもった熱をうまく逃がすことができなくなった結果、熱中症のリスクを高めてしまうこと。
冷えを避けるために冷たい飲み物をセーブすると、脱水症状が起こったり、免疫機能低下によって、熱中症が深刻化する恐れも……。
さっそく自立神経を整えて、冷えを改善! 血色美人になりましょう!

夏冷えを改善する方法



その1.会社でできる夏冷え対策


・足をグーパー 八風(はちふう)を刺激
オフィスでは、こっそりパンプスを脱いで足の指を閉じ開きしましょう。それだけでポカポカしてきます。また余裕があれば、冷えに効果的な八風(はちふう)を刺激してください。八風は、両足の指の付け根とその間の部分のツボ。足の指を手で5秒握って離す、というのを5セット行って。

・3つの首を温める
キャミソールやノースリーブを着ていても、首と手首、足首の、3つの首を温めることでカラダがポカポカします。
ストールやウォーマーなどを着用して上手に温めてあげましょう。

その2.食事中の夏冷え対策


・薬味orスパイスをプラス
夏の冷たい料理はカラダの冷えを加速させます。しょうがやネギ、七味などの薬味をプラスして内臓を温めてあげましょう。
スパイスたっぷりの料理もカラダを温める効果があるので、夏場の女子会はエスニックレストランがおすすめです。

・ビールのあとはお湯割りを
冷たいビールは夏にかかせない飲み物。なので、一切ダメとはいいませんが最初の1杯だけにしましょう。あとはワインや焼酎のお湯割りなどカラダを温めるお酒を飲めば、冷えを予防できます。

その3.帰宅後にできる夏冷え対策


・湯船or足湯
自律神経が乱れているときは、湯船に浸かるのが一番。39度程度の湯船に、じわっと汗がでるまで浸かることで、体温調節機能がリセットされます。
忙しくて湯船につかれないは、洗面器に42度程度のお湯をはり、足をつけながらシャワーを浴びるだけでも血色感がもどり、ポカポカしてきますよ。

・腹巻きをして寝る
夏こそ、腹巻きをして寝ましょう。
内臓を効果的に温めることができますし、子宮も温めることができるので生理痛の緩和効果も期待できます。昨今注目されている夏用の腹巻きなどは、ムレずに温め効果を得られるのでおすすめです。



みなさんも夏冷えを改善して自律神経を回復! おデブ化を食い止めましょう!
(YUE/プロップ・アイ)

この記事を書いたライター

YUE /プロップ・アイ
美容やグルメスポットの取材、恋愛リサーチ、編プロにて本の執筆、編集作業をしている。2012ミスアースジャパンファイナリスト ナッツマイスター。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡