相性の悪いセックスは彼氏の浮気や別れにつながるかも?

相性の悪いセックスは彼氏の浮気や別れにつながるかも?の1枚目の画像

カラダの相性……コトバ自体はよく耳にするけれど「合う・合わない」って、どういうことなんだろう?

10代の頃に抱えた、小さな疑問。20、30代になって、自分の中で少しずつ答えが出始めたという方もいるのではないでしょうか。盛り上がるガールズトークのなかでも、セックスの相性については深く話せないもの。「なんか合わないんだよね」とは言うけれど、その“なんか”って?

「カラダの相性くらい、愛でどうにかなる!」と言いたいところだけど、オトナになった今、そしてきっとこの先も、軽視できない問題であることは沸々と感じてる……。
世間一般的が言う「カラダの相性が合わないと感じる時」って、どんな時? もしかして、過去にフラれた理由はセックスだったかもしれない?

前戯が雑な時


セックストークになると、一人は必ず不満を漏らす“前戯”について。多くの女性は、不満という域を超えて相性の不一致だと感じているようです。前戯が雑、短い、もしくはない状態からだと、女性はカラダが反応しない(濡れない)ので、挿入するのに一苦労。
「濡らそう!」と頑張ってイメトレをするという女性もいましたが、それでは本当の意味でセックスを楽しめないですね。挿入したいばっかりで、雑な前戯をしておいて濡れないことに不満をもらす男性もいるんだとか。

お付き合いを続けていくうえで、彼が改善しない限りは合わせるしかないですが、毎回コレでは嫌気がさしてしまうのも仕方がありません。できればじっくり丁寧な前戯をしてほしいですね。

気持ちいいVSくすぐったい


セックス中、耳や首筋、脚のつけ根を愛撫したり舐めたり……こういった行為を「気持ちいい」と好むひと。また、「くすぐったい」と嫌がるひととハッキリ分かれます。

この“舐められて(愛撫されて)気持ちいいと思うor思わない”って、結構重要なポイント。舐められたい同士、舐められたくない同士がマッチしているなら問題はありませんが、どちらかが違えば物足りなさや嫌気を感じてしまいます。

「舐めて」というのも大胆な気がして言い出せないし、「やめて」なんていうのも雰囲気が悪くなりそうで……と、悩む男女は少なくありません。

S(サド)か、M(マゾ)かが合わない時


責めるのが好きな“S”か、責められるのが好きな“M”か、という点もセックスの相性において非常に重要。上記の「舐めるor舐めない」にも似ていますね。

特にSっ気のある男性は、セックス中に女性が「痛い」と言うことに興奮する方が多いそうですが……コレって女性からしたら少し恐怖ですよね。本当に痛くて、むしろやめてほしいのに喜ばれる……。この場合「ノーマルでいて!」と願う女性も少なくはないでしょう。

他にも“S女とS男のセックスは格闘技”なんていうエピソードも耳にしました。それはそれで楽しめているなら問題はありませんが、やはりここでもマッチしていないと男女ともに不満がうまれてきてしまうそうです。


「セックスが合わないって、女性にとって苦痛でしかない!」なんて言ってしまったらネガティブすぎるかもしれませんが、男女関係において実際それくらい重要なこと。本来気持ちいいはずのセックスが苦痛にしか感じなかったり、相手の浮気の原因になってしまったり……別れる理由になったという声も少なくはありません。

相性が合う人と出会う、またはお互いに合わせることができるなら問題はありませんが、ストレスを抱えてまで合わせる必要はないのではと感じます。

男性に限らず、女性もセックスの相性が合わなくて気持ちが冷めてしまうなんてよくあること。
結婚をしたら一生そのひととしかセックスをしないわけですから(基本的には)、満足できる相手を選べる時にじっくり選びましょう!
(RIKO)

この記事を書いたライター

RIKO
平成生まれのママライター。趣味は、読書、美容、グルメ、おでかけ

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡