自己中な女性ほどセックスでイキやすい理由

世の中の女性を大別すると、次の2タイプに分けられます。イッたことがある女性と、イッたことがない女性です。さて、あなたはどちらのタイプでしょうか……?

自己中な女性ほどセックスでイキやすい理由の1枚目の画像


「イッたことがない=ダメ」ではない


冒頭のような書き方をすると、「イッたことがない=ダメ」というイメージを持つかもしれませんが、決してそうではないので、どうかご安心くださいね。駄洒落じゃないですけど、海外旅行と一緒だと、筆者は思うんです。「海外に行ったことがない=ダメ」ではないですよね。たまたま、これまでの人生で海外に行く機会がなかっただけのこと。性的な「イク」という現象も、同じように捉えてくださいね。

そもそも、「イク」って何?


そもそも、「イク」って何なのでしょう? 男性の場合は、イク際に射精が伴うので、わかりやすいですよね。私たち女性の場合は、精子のような液体が発射されるわけではありません。ごく稀に、「潮吹き現象=イク」と誤解している人もいますが、潮を吹いたからといって、そこに必ずしも「イク」という感覚が伴うわけではないのです。

女性の「イク感覚」は、十人十色。緊張が一瞬で解けるような脱力感と言う人もいれば、頭の中が真っ白になると言う人もいます。また、全身に電流が走ったかのような熱さを体感する人も。例を挙げていくとキリがないくらいです。そのため、とっくの昔に「イク」を経験済なのに、「自分はイッたことがない」と思い込んでいる女性も存在します。

「オナニーでイク」と「セックスでイク」の違い


オナニーでもセックスでも「イク」が未経験の人は、まずオナニーでの「イク」探しから始めましょう。なぜなら、自分のカラダは自分が一番わかっているから。オナニーの際は、イクということよりも、快感に集中したほうが、結果的にイキやすいですよ。

オナニーでの「イク」は経験済だけれども、セックスでは「イク」が未経験という人もいるでしょう。「いるでしょう」というか、実はものすごく多いです。男性経験が多い女性でも、セックスで「イク」感覚を味わったことがない人は存在します。ですから、「大好きなカレとのセックスなのに、イクことができない自分はヘン……?」などと思わないでくださいね。

セックスで「イク」ためのポイントは、なんといっても自分の快感を優先させること。基本的には、セックスって共同作業ですから、相手の快感も慮る姿勢が大事です。けれども「イクこと」に限っては、自分本位でオッケー。というか、これは決して大げさではなく、自分本位でなければ、イクことは難しいといっても過言ではないくらいです。

究極の自分本位で、「これ以上突かれたらオシッコをお漏らししちゃうかも」「漏らしちゃってもいいや、どうせカレの部屋だし(笑)」と、とことん自分を優先させることで、初イキに成功した女性も存在します(注:尚、実際にオシッコは出なかったそうです)。

オシッコの例は極端すぎるかもしれませんが、「あと少しでイキそう……」「こんな時に、可愛い喘ぎ声なんてできない!」と、演技を封印したことで、初イキに辿り着いた女性も存在するようです。

というわけで結論! セックスでイクためには、自己中になりましょう。
(菊池美佳子)

この記事を書いたライター

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡