彼氏が喜ぶ秋の手料理 ○○するだけで男子の胃袋をつかむ♡

今回は、彼氏が喜ぶ秋のお料理について紹介していきたいと思います。少し肌寒くなりおうちデートのタイミングも増える秋だからこそ、彼氏に料理をふるまってあげましょう、
平野レミさんのレシピのようにざっくりしていますので、ざっくりお読みいただくだけで今日からあなたもお料理名人になれます(笑)さっそくご紹介しましょう!

1.マツタケを焼いただけ


マツタケで彼の胃袋をつかむ♡
マツタケで彼の胃袋をつかむ♡

「旬のものを食べると、なぜか元気が出てきますよね。わたしのおすすめはマツタケを焼いただけ、というお料理です。海外産のマツタケって、わりと手ごろなお値段で手に入りますので、彼氏の部屋で焼いてあげては?」(28歳・受付)

ものの値段の高い・安いは、わりと主観的なものですが、それでも海外産のマツタケは「安いほう」ではないかと思います。マツタケを裂いて焼くだけ……誰でもできますがちょっとリッチな気分になれるのでおすすめです。

2.ウナギを盛りつけただけ



「お重(おじゅう)がなかったら、どんぶりを使うといいです。スーパーでできあいのウナギのかば焼きを買ってくるとすぐにできますよね。夏の疲れを癒やすメニューとして、最高にいいと思います」(27歳・秘書)

ウナギを食べる時期はとっくに過ぎているのではないか? というご意見もあるかと思います。でもウナギって、夏の疲れを癒やしつつ精力をつけるのにうってつけの食材です。
まだまだ暑い日もありますから、ぜひうな重を♪ 手料理というか、ただ盛り付けるだけのような気もしなくはないですが、メインを手抜きですませるかわりに、添え物は手作りで……とバランスをとれば彼氏は喜んでくれるはずです。

3.イチジクをむいただけ


彼氏が喜ぶ秋の手料理 ○○するだけで男子の胃袋をつかむ♡の2枚目の画像

「イチジクって、男子はあまり買わないと思うんです。だから彼氏とのごはんのデザートにイチジクを出してあげると、わりと珍しがられて喜ばれますよ」(26歳・営業事務)

男子って、本当に果物を自分で買わない生き物です。だから、彼女が季節の果物を用意してくれたら、心からうれしがるのです。いちじくはそのまま食べてもおいしいですが、ジャムにしたり手作りスイーツに活用したりもできるので、甘党派の彼氏にはそうしたアレンジメニューでおもてなしをしてあげても喜ばれるかもしれませんね。

4.サンマを焼いただけ


彼氏が喜ぶ秋の手料理 ○○するだけで男子の胃袋をつかむ♡の3枚目の画像

「秋のサンマ祭りの前にサンマを食べると、ちょっと優越感に浸れるってこと、ありませんか? わたしたちカップルは、9月に入るとすぐにサンマを焼いて食べます。彼氏も喜んで食べています」(28歳・アパレル)

旬を先取りする人を、おしゃれさんといいます。

いかがでしたか?
本当になんでもないありふれたメニューが4つ出てきました。旬のものを彼氏に食べさせてあげると、彼氏にかなり感謝されます。夏の疲れを癒やすメニューを作ってあげても、彼氏にかなり感謝されます。

よほど美食家の男子でもない限り、男って「食事とは、お腹がいっぱいになればいいもの」くらいにしか考えていなかったりします。
そういう男子にちゃんと旬のものを食べさせるとか、夏の疲れを癒やしてあげるとか、そういうことがふつうにできる女子がくっつくと、男子は彼女のことを手放さないのです。

「いい女」とはどういう女子のことなのか? とか、男子が手放さない彼女とはどういう彼女のことなのか? ということを考えている女子って、きっとたくさんいると思います。
簡単なことです。焼いただけでも、むいただけでも、なんでもいいのです。とにかく旬のものを食べさせてあげられる彼女が、いい彼女なんです。

チーズやクルトンを使ったおしゃれ料理が作れるのもけっこうなことですが、日本の食の基本どおりにやれば、誰だってモテるということです。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡