彼氏が喜ぶ大胆なエッチのシチュエーション 男が一度はやりたいと思うプレイ

ちょっとシュールで切ない夏の終わりに、男子たちはいったいどんなエッチを希望しているのか? 今の時期だからこそやりたいエッチのプレイについて、男子の本音を調査! 

1.屋外でのセックス


「去りゆく夏を惜しむかのように、夕陽をバックに、彼女と屋外でエッチ……こういうのがいいなあと思いますが、公然猥褻罪になるのでしょうか」(24歳・IT)

現実世界ではおすすめできない行為ですが、妄想の世界で、屋外エッチしちゃえばいいのではないでしょうか。男なら憧れてしまう理想のシチュエーションだと思います。

2.ローションプレイ


「冬場にローションプレイをしたら、部屋の空気が乾燥しているので、カラダに塗ったローションがすぐにカピカピになるんです。残り少ない夏の日には、去りゆく夏を惜しむかのようにローション祭りでセックスがしたいです!」(27歳・飲食)

たしかに冬は、エアコンの風でカラダに塗ったローションがすぐカピカピになってしまいますよね。
というわけで、エアコンいらずの10月か11月くらいまで、せっせとローションプレイに興じてみるのもいいかもしれません。
お風呂場でローションを使うと、滑って危険ですし、ベッドルームで使うと後片付けが大変ですし……なにかとその使用法に知恵と工夫が求められるローションですが、寒くなる前にちゃちゃっと使っておくというのは、賢明な判断だろうと思います。

3.水着を着てセックス


「今年の夏は、彼女と休みが合わず、結局彼女の水着姿を拝むことができませんでした。だからエッチのとき、彼女に水着を着てもらいたいです」(25歳・通信)

アレンジパターンとして浴衣というのがあるかと思います。
水着の日焼けの跡を彼に見せるとか、ハミケツを見せるとか、いろんなふうに楽しめるかと思います。夏の終わりに楽しみたいプレイです。

4.燃えるようなセックス


「夏の終わりのエッチですよね? 燃えるような恋をした夏が去りゆくわけですよね? でもそんなの関係ないです! ずっと夏の盛りみたいに激しいエッチをして、彼女に『ずっとこうしていたい』と言われたいです」(24歳・教材販売)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ