婚活がうまくいかない原因は男性を条件で判断する女性にあり!?

「このままじゃだめ!」と自分を奮い立たせ、重い腰を上げて婚活イベントやお見合いパーティーに参加してもうまくいかない……。婚活サイトや出会い系のアプリに登録し「今度こそは!」と手に汗握り男性と会ってみたものの続かない……。

そう、ただ「出会いさえあれば」とか「数撃ちゃ当たる」というほど、婚活は甘くはない

今回は婚活している先輩女子たちにインタビューしてみた。人のふり見て我がふり直すべく、彼女たちの失敗談から学んでみよう。


プロフィールが好条件の男性ほど疑うべき!


パターン1.女性のお相手:男性Cさん(30代・商社勤務・年収800万)の場合


(1)会った回数:5回
(2)相手の嫌な言動やムカついたこと:LINEのメッセージをすぐ返さなかったり返信に時間がかかったりすると鬼電をかけてくる!
(3)こいつとはムリと思った瞬間:歴代の彼女がいかにいい女だったかを自慢してきたり、付き合ってもいないのに「キミは大切な人」とか「今までで一番好きかも……」とか軽々しく言ってきたとき。しかも断ったら逆ギレ! しつこく電話やLINEをしてきて怖かった。
(4)失敗して相手から得た学び:最初に会った時に「コイツ胡散臭い」「なんか性格悪そうかも」という不安もあったけど、この年齢でこの年収の男を切り捨てるなんてもったいないと思ってしまった自分もどこかにいた。何度も会ってしまったため、相手に期待を持たせてしまったことが鬼電やストーカー化につながったんだろうと反省。
1
2
3
4
5

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事