日焼け後の正しいダメージケア方法 痛みを感じるときはとにかく冷やして!

日焼け後の正しいダメージケア方法 痛みを感じるときはとにかく冷やして!の1枚目の画像

お出かけから帰ってくると、いつもより肌がピリピリ感じる……。気を付けているはずなのに、うっかり日焼けしてしまったことってありますよね。そんな時はいつものケアでは日焼けした肌をより傷つけることになるかも! 正しいアフターケアの方法をご紹介します。

日焼けをしたらとにかく冷やす!


日焼けはいわゆる皮膚がやけどした状態と同じ! だからヒリヒリとしたり痛みを感じるんですね。皮膚が赤くなってヒリつきを感じる時は、皮膚の表皮に炎症が起こっている状態。あとで水膨れになってしまうほどの日焼けは、もっと状態の重いやけどを起こしているのと同じなんです。

やけどをしている時、部位に関わらずまずしっかり患部を冷やしますよね。つまり、日焼けをした時も、美白だなんだと普段のケアをするのではなく、まずは冷やすことが一番大事なんです。
背中など広範囲に日焼けが及んでいる場合は、冷たいシャワーや水風呂で皮膚表面を冷やしましょう。ぬらしたタオルや保冷剤を包んだもので患部を冷やすのも効果的ですが、ずっと冷やし続けると皮膚のバリア機能が壊れてしまうため、冷やすのは日焼けをした初期の段階だけにしてください。

ヒリつきが治まったら、徐々に低刺激のクリームで保湿ケアを!


日焼け後の肌は皮膚の組織が傷ついている状態にあるため、こすったりコットンで強くふき取りをするなどの行為は、色素沈着を起こす原因になります。すぐにでも美白化粧品を使いたくなる気持ちもわかりますが、美白化粧品の中には有効成分が肌にとって刺激となるものもあるのです。ヒリつきが治まったとしても、まだまだ普段どおりのケアを待って、とにかく傷を癒やすようにケアをしましょう。

肌の水分を保持する力もなくなっているため、ヒリつきが治まったら低刺激のクリームなどでしっかり保湿してあげましょう。押さえるようにつけてあげると皮膚の摩擦がおさえられるので、ダメージを防ぎ、クリームの油分が肌を保護してくれます。

美白ケアでダメージを最小限におさえる


皮膚の状態をみながら受けてしまった紫外線ダメージのケアにシフトしていくと、肌のトラブルをおさえることができます。

日焼けはすぐに黒くなったり皮膚への変化がありますが、一番心配なのは、今までの日焼けのダメージが蓄積されて出てくるシミやソバカスですよね。数年後にシミやソバカスへとつながらないように、美白用の化粧品を一年中使い続けることをオススメします。

また、日焼けのダメージの上からまた日焼けをすることは絶対NG! 皮膚へのダメージは極力避けられるよう、日焼け止めを一日に何度も上塗りしたり、帽子や日傘などを使う、外出する時間を紫外線の強い時間帯はずらすなど、できるだけ紫外線を浴びないように気を付けてくださいね。

一度受けた紫外線ダメージは、その後どれだけケアをがんばってもなかったことにはできず、ダメージは蓄積されてしまいます。そうならないように、まずは日焼けをしないことが肝心! 年中しっかり日焼け対策をして、後悔しない肌作りをしましょうね。
(キノシタマユコ)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡