涼しくなると季節性うつ病になりやすい? 急に現れる”落ち込み”の対処法

みなさん、季節の変わり目になんだか急に落ち込むことはありませんか? 涼しくったときなどに現れる落ち込みの多くは「季節性うつ病」と呼ばれるもの。でも、そのまま落ち込まないでください。きちんと対処をすれば、ハッピーな気持ちを取り戻せます! 今回は、涼しくなると現れる「季節性うつ病」、落ち込みの対処法3つを紹介します。



季節性うつ病対策には朝、日光を浴びることからはじめよう


朝、日光を浴びると、体内時計がリセットされ、生活リズムが整います。また、光を浴びると、セロトニンが作られます。セロトニンがしっかり分泌されると、ココロや自律神経のバランスを整えてくれたり、姿勢筋の動きを活発にしてくれたりするそう。季節性うつ病対策にはできるだけ光を浴びることからはじめてみましょう。

またセロトニンは、睡眠を促すメラトニンの原料でもあります。メラトニンは、睡眠や覚醒、ホルモン分泌のリズムを調節してくれるので、メラトニンが増えれば、寝つきもよくなるそうですよ。

夜型になっていて時間的に日光だけでは足りない場合は、家の光源を明るいものにしましょう。実際、治療でも「高照度光療法」と呼ばれる、かなり明るい光を浴びさせる方法があるのだとか。できるだけ、明るい光に多く当たり、セロトニンやメラトニンの分泌を促すことがコツですね。

できるだけ定期的に運動することで落ち込みをリセット


運動すると、気分が晴れやかになります。それは、脳からドーパミンと呼ばれるホルモンが出ることも関係しています。ドーパミンは、イライラや落ち込みを改善する効果があるそう! ココロの内部から健康にしてくれるんですね。確かに、落ち込みやすいときって運動不足だったような……。



しかし、普段運動していない人が一気に走ったり動いたりすると、カラダにかかる負荷が高く、疲れてしまいます。普段、自分はどのくらいカラダを動かしているか、見極めて運動しましょう。本当に運動していない場合は、部屋の掃除や家事から、少しだけ動かしているならウォーキングからなどなど……。また前述した「光を浴びる」と組み合わせれば、季節性うつ病対策により効果的! 例えば朝起きたら、外に出て軽くウォーキング。こうすると、二重に効果が得られます。

整理整頓して心の片付けも


部屋に物が多かったり、やらなければいけないことがたくさんあったり……。こうした状況も、季節性うつ病や落ち込みの気持ちに拍車をかけるそう。かといって、片づけには気力がいりますよね。こうした場合、「何がどれほどあるのか」「どのくらいまでにやればよいのか」などを整頓すると、かなり楽になるそうです。

方法は、リスト形式で優先順位をつけたり、「何があるか」を書き出してまとめたりなど、物理的な整理を進めていくだけ。すると、心が整理され、落ち込みを和らげてくれるそうですよ。

私自身、日照時間が少なくなると、落ち込みやすくなっていました。みなさんの中にも同じような方がいるのでは ? でももう大丈夫! きちんと光を浴びて、運動をして、整理をして……これで秋冬もハッピーでいられます! 季節の変わり目、気持ちが落ち込んだ時はあまり無理せず自分の心と向きあってみましょう!
(らくしゅみっくす)

EDITOR

らくしゅみっくす
大切なのは潜在意識、内側から変化を。編集兼ライターでビジネス、ライフハック、マネー術、美容、ファッションなど担当。受付嬢等の経験から心理分析も。音楽、動物、自然が好き

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡