すてきな女性になるために20代でしておきたい自分磨き♡


「恋愛をしていようとしていまいと、前向きに自分が良いと思える人生を送っている」、そんな女性って憧れますよね。いつもいつも恋愛ばかりを追いかけ、振り回されているうちに、気がついたら何も誇れるものを持てないまま20代が終わっていた……なんて事態は避けたいもの。恋や結婚“だけ”に囚われず、前向きにすてきに生きていける女性になるには、どんな心がけが大切なのか。先輩女性たちの生き方から学びを探ってみました。

1.心から夢中になれるものがある


仕事でも、趣味やお稽古事でも、語学でもスポーツでもなんでも構いませんが、それをしていると時間を忘れるくらい夢中になれるものをひとつ以上持っておくことは、すてきな女性の必須課目。なかなかそれが見つからない、見つけられていない……という人は、ちょっとでも「やってみたいと思うこと」をリストアップして、片っ端から試してみましょう。

最初は無料で試せるところも多いですし、しばらくして「なんか違うかも」「つまらなくなってきた」と思えば固執せず、次、次……とどんどん気軽に試してみるのがコツ。
「どうせ上手になれない」「長続きしないかも」といった妙な向上心やためらいは捨て、「とりあえず飽きるまでやってみよう」とフットワーク軽く挑戦してみるのがおすすめです。

2.“変化のチャンス”は積極的に受け入れる


異動や転勤、転職、移住、留学など、大きな「変化」の機会が訪れたときに、理由もなく億劫にならない姿勢も大切です。職場や住む場所を変えるのは面倒なことですが、「ちょっと行ってみるか!」くらいの気持ちでエイっと飛び出してみると、出会う人が変わり、価値観が広がり、人として豊かな成長ができることが多いのも事実です。「最近、退屈だな……」なんて思うときは、短期間でもいいので自分で拠点を変えられる機会がないか、考えてみるのもおすすめです。

3.生活面でしっかり自立する


恋の有無に関わらずすてきに生きている女性は、総じて生活面が自立しています。必要な収入を得て、家事をして、事務手続きなどもできるだけ自分で取り組んでみる。“自立した女性になると、男性に構われなくなってしまう”という考え方もあるでしょうが、もしも自立しない状態でひとり年齢を重ねた場合、そのときの不安や無力感は非常に大きくなります。結果、後ろ向きな生き方にもなっていってしまいやすいです。

「私は自力でちゃんと生きている」

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ