愛人契約を副業にしてる女子が急増!? “パパ活”の実態とは?

愛人契約を副業にしてる女子が急増!? “パパ活”の実態とは?の1枚目の画像

最近、愛人契約を副業にしている女子が増えていると話題になっていることをご存じですか? もちろん、目的は金銭的なものから肉体的快楽などさまざま。いわゆる「愛人契約」を副業にすることを目的とした女性の活動は、最近では「パパ活」と呼ばれているのだそうです。

TwitterなどのSNSでもこのキーワードはよく見られ、リアルでも「愛人」を副業として、プレゼントや金銭を得ている女性が多いのだとか。しかしなぜ今「愛人契約」が盛んになっているのでしょうか?

愛人契約は不景気と女子のマウンティング社会が原因!?


2016年の20代女性の平均年収は254万円、20代後半になると331万円になるのだそうです。
つまり、月の手取りはおよそ20万円程になり、20代後半になると27万(リクナビ調べ)。
東京は主に地方出身者が多いと言われていますが、単身で東京に来ているとなると上記の手取りでは使えるお金がとても少なくなってしまいますよね。(会社の規模感でもだいぶ開きが出るのであくまで参考としてお考えください)。
そうなるとやはり「副業」をしたいと考える女子が増えるのもあたりまえ。残業するよりも、てっとりばやく簡単に稼ぎたい! という気持ちが先行し、愛人契約をして金銭的な援助を求める女子も少なくないようです。

またSNSが盛んとなっている今、女子のマウンティングの一環として、旅行や買い物、食事などにお金をかけているアピールをすることも一種のステイタスに。優越な生活に浸りたいという気持ちから、パパ活をしている女子も多くいる模様。そういう女子はSNSなどでも注目されてフォロワー数も増えるので、女子社会では「優雅に暮らしている様子をアピールしたいから」という気持ちでパパ活に励んでいる女子も多く見られます。

ちょっと前には、きらびやかで華やかな写真をSNSに投稿していることで有名だった女性が詐欺罪で逮捕されましたがその際に、愛人業をしていたことも判明し、現代に「愛人契約」が多く存在していることが明らかになったきっかけともなりました。

愛人契約を結ぶ“パパ活系女子”の特徴とは?


さっそく気になるパパ活系女子の特徴とエピソードをご紹介します。

・SNSが好き
・ハイブランドが好き
・外資系高級ホテルや旅行が好きである
・雰囲気モテする身だしなみ
・競争心が強い
・出身、容姿にコンプレックスがある

上記に当てはまる人は、パパ活に走ってしまう傾向があるそうです。

また、パパ活にもレベルがあって、外食など食事をするだけのパターン、肉体関係を持つパターンなどさまざまあるそう。
実際にパパ活をしている女性のうわさを聞いてみると、食事やお茶をするだけで5~15万円、肉体関係を一回持って30~50万ほどもらっているというケースもあるらしくびっくり! さらに、愛人契約の主となるパパはいわゆる“高齢者”がほとんどなので、一回の肉体関係が5分と短くて楽! という意見もあれば、食事だけしてタクシー代と称して10万円くれるから普通のバイトなんてもうしてられない……なんて話も。

こんな話だけ聞くと、いいなーなんて思う人もいるかもしれませんが、よく考えてみてくださいね。
うまい話には裏があるといいますが、その時はよくても、本気で好きな彼氏ができ、結婚することになった際には愛人契約の過去がバレることも十分に考えられます……。
あなたがもし「愛人」にならないかと持ちかけられたら、OKしますか? しませんか?
(エルメス)
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡