彼氏からプロポーズされる女子とされない女子の違いとは?

先日友人が「私、3年も付き合っているのに全然プロポーズされないんだよね」と悩んでいました。「結婚について話し合ったりしないの?」と聞くと、「そういう話は重いと思われるからしないようにしてる」とガマンしている模様。相手の出方を伺って、自分から「結婚」というキーワードを持ち出さないように気を遣っているんだそうです。

でもそれってどうなの? 大切な相手なら、ちゃんと話し合いをした方がいいのでは?

今回は「プロポーズされる女子」と「されない女子」の決定的な違いについて、男性陣の意見を踏まえてみていきたいと思います。
彼氏からプロポーズされる女子とされない女子の違いとは?の1枚目の画像


1.プロポーズされる女子は一人の男子に決めることができる


彼氏からプロポーズされる女子は、一人の男子に決めることができる人。「この人を本気で大切にする」「なにがあっても一緒に乗り越えていきたい」と覚悟ができる女子や、「この人以上の相手はいない」「一番しっくりくる相手」だと“腹をくくる”ことができる女子は、その本気度が相手に伝わるものです。

逆に、女子が「もっといい人がいれば乗り換えよう」という姿勢だと、相手の男子は重い腰を上げることはできません。こういった思いは相手にも伝わってしまうものです。

2.お母さん感と小悪魔感を使い分ける女子はプロポーズされやすい


プロポーズされる女子に必須な性質といえば、母親感と小悪魔感が両立していること。しっかりと叱ってくれていつでも肯定してくれる「母」のような一面が見えたかと思えば、付き合う前のドキドキ感を思い出させるような「小悪魔」的な一面もかいま見える……。

結婚しても楽しそうだな、と想像させることができる女子は、こういった多面的な魅力を持っているものです。間違っても、何でも言いなりになる「下僕女子」になってはいけませんよ!

3.プロポーズされる女子には男子の中身を見る目がある


男子が結婚に踏み出せない理由を調査していると、よく聞こえてくるのが「カネ目当てなんじゃないか」「俺の内面を好きでいてくれているのか、まだ不安」「もっと良い条件の男が出てきたら、そっちに乗り換えそうで不安」という声です。

ここからも伺えるのですが、男子は自分のことを「条件=スペックで見ていない」女子を伴侶にしたいと思うものなんですね。誠実な人であるほど、もし結婚して自分の仕事がうまくいかなくなっても、俺についてきてくれるかな? という点が気になるのです。

もちろん、「スペックで好きになってもらってもいい。カワイイ嫁さんで居てくれれば、俺は結婚後も自由に遊ぶし」というタイプの人もいるでしょうが……。

4.フィーリングが合う女子はプロポーズされやすい


彼氏からプロポーズされる女子とされない女子の違いとは?の2枚目の画像

また重要なのが、「なんとなくこの子といるとハッピー」「なんかよく分からないけど、俺幸せ!」という意識を与えられること。自然体で一緒にいられる、背伸びしなくても楽しい! こういったフィーリングが合う女子は、プロポーズされやすいはず。

一方で、プロポーズされない女子は、相手を過剰に束縛してしまったり、常に高い理想を押し付けたりすることで、一緒にいて“幸せ感”を与えることができません。

以上のポイントで、彼氏との関係性を振り返ってみてはいかがでしょうか?
あなたが「結婚しよう!」とプロポーズされるように願っています。
(ヤマグチユキコ)

この記事を書いたライター

ヤマグチユキコ
コスメと恋愛ネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡