肌がキレイになるスキンケアの方法 たったの4ステップだから手間がかからない!

筆者はこのウン十年、外資系ブランドからオーガニックものまで、それはそれは様々なスキンケアを試してきました。某美容雑誌では、製品を試すメンバーになっていたこともあります。で、それなりに遍歴を重ねてきてわかったのが、キレイな肌になることを目指す上で「スキンケアはシンプルなのがいちばん」ということ。

クレンジングの質とやり方はとっても重要!
クレンジングの質とやり方はとっても重要!


あまりメイクをしない人や「特別なことはしてないのよ〜」という人に限って、肌がキレイなことは薄々気づいてはいましたが、自分で実践してみて確信するに至りました。やはりシンプルなスキンケアにまさるものはないと。今回はその方法をご紹介します。ズボラさんには特にオススメです!

美肌に近づく洗顔&クレンジング方法


朝は石けんでふつうに洗顔し、夜はメイクをしているときのみ、手ぬぐいと石けんを使います。この洗顔法をはじめたのは3年前の取材がきっかけでしたが、ラクさと気持ちよさがやみつきになってしまい、仕事を超えて今では日常の一部になりました。ちなみに朝はぬるま湯だけで洗うときもあります(むしろ洗いすぎには注意したいので)。

おすすめの洗顔方法


(1) メイクをしたままの顔をぬるま湯で濡らす
(2) 手ぬぐいをお湯で濡らして軽くしぼり、まぶたを上から下になでて、アイメイクをざっと落とす
(3) 手ぬぐいに石けんをつけて泡立て、顔全体を円を描くようにやさしくなでる。力を入れすぎず泡はつぶさないように、細かい部分は指に手ぬぐいを巻きつけて汚れを落とす
(4) 顔をぬるま湯でていねいにすすぎ、最後に冷水でひきしめ、基礎化粧品でしっかり保湿する

手ぬぐい洗顔がおすすめ
手ぬぐい洗顔がおすすめ


手ぬぐいの細かい繊維がファンデーションなどの粒子をからめとって、メイクを落とすとのこと。たいていのメイク落としには界面活性剤が入っていますが、石けんだとそれがないので肌が荒れにくいのだそう。ただウォータープルーフのアイライナーや、ラメが入ったアイシャドウなどの濃いメイクをしているときは、あらかじめその部分だけはポイントメイク落としでオフした方がいいかもしれません。(参考書籍:「美肌の習慣 手ぬぐい洗顔」(日本文芸社))

手ぬぐい洗顔
おすすめ度5つ星のうち 5
¥1080
洗顔用に作られた手ぬぐい。洗顔に最も適した「岡」生地で作られています。

EDITOR

アオノミサコ
イラストレーター/漫画家。美容から神事、ディープスポット巡り等の漫画やコラムを執筆。著書『わがままセラピー入門』(KADOKAWA)

関連記事

今、あなたにオススメ