結婚してからも愛さ続ける女性になるには 憧れの仲良し夫婦でいるために♡

幼いころから結婚生活に憧れているという女性はきっと多いはず。フジモン&ユッキーナ夫妻は、芸能界でもラブラブ夫婦と言われていて、あんな夫婦になりたい……とみんなから憧れられる存在♡ とはいえ、相性の良さだけではなく、結婚してからも夫婦仲良く過ごすためには、やはり女性側の努力も必要になってくるのが結婚生活のリアルな実情。そこで今回は、結婚してからも愛される女性の共通点3つをご紹介いたします。

結婚してからも愛さ続ける女性になるには 憧れの仲良し夫婦でいるために♡の2枚目の画像


愛される女性の共通点1.聞き上手



旦那さんからの愛情を独占するためには、相手に「支えてほしい」と求めてばかりいてはいけません。夫婦である以上、どちらか一方だけが負担を感じながら生活を続けていくのは、とても厳しいですよね。これからずっと夫婦でいるには、まず聞き上手になること。旦那さんが疲れて帰ってきているなら「何かあった?」と声をかけてあげて、愚痴を聞きだすのも奥さんの務めなのです。

もちろんカウンセラーのように力を入れて「うんうん」と聞き入れる必要はありません。ただうなずいて「共感」してあげるだけで旦那さんは癒やされるでしょう。ついでにかわいい笑顔を振りまいてあげれば、きっと奥さんとしての合格点もいただけます。

愛される女性の共通点2.男性の立て方が上手


街を歩いている夫婦やカップルをよく観察してみましょう。どんなにハッキリな物の言い方をしている女性であっても、歩きだした瞬間、彼の一歩後ろをついていくように歩いていませんか? これだけで男性としては、とても満足の状態。

結婚してからも愛され続ける女性たちは、なんといっても「男性の立て方」が上手。きっとカップル時代から、その習慣はついていたのでしょう。たとえばお会計を払うときも一度、彼に任せ、後から自分の分を払えば、店員さんの前では彼が払ったようにみえるため、プライドが傷つかずに済みます。

ちょっとした気遣いで、一人の男性として立ててあげることは、奥さんになるうえで最も必要なスキル。あまりにも自己主張が強すぎると夫婦ともどもコミュニュティで浮いてしまうでしょう。

結婚してからも愛さ続ける女性になるには 憧れの仲良し夫婦でいるために♡の1枚目の画像


愛される女性の共通点3.女性らしさを忘れない



夫婦になると、どうしても毎日顔を合わせますから、何もかもが緩くなっていきます。カップル時代は、すっぴんで出歩くなんて絶対にしなかったのに、今はコンビニや病院、近くのレンタルショップやスーパーに行くくらいなら、たとえ彼が隣に歩いていてもすっぴん!

これでは女性らしさをキープできているとはいえません。家から一歩出る時は必ずメイクをする、たとえ隣のコンビニに行くだけでもきちんと着替えるなど、常にお上品な奥さまでいられるように心がけましょう♡ また下着姿をむやみやたらに彼にみせないことも大切。どんどん刺激がなくなり、カラダの関係もなくなるかも……。

愛される女性になるには結婚してからが勝負!



結婚するまでが長かったとしても、明らかに結婚してからのほうがまだまだ長く、ときには険しい道のりになるでしょう。つまり結婚式は楽しくても、本番はここから!

何十年たっても彼に愛されるためには、彼女から奥さんに昇格しても、常に彼に尽くし、一人の男性として尊敬のまなざしでみてあげて♡
(山口恵理香)

この記事を書いたライター

山口恵理香
webライター。年間2000記事以上を執筆中。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。皆さまにとって「小さなきっかけ」となる記事を執筆してまいります

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡