グルテンフリーダイエットのメリット グルテンを取りすぎない方がいいのはなぜ?

「グルテンフリー」は小麦アレルギーなどを持つ人の食事療法として注目されてきました。今ではグルテンフリーを活用したダイエットが流行するなど、ヘルシーな食生活の一つとされています。ヘルシーとあって、ダイエッターの女子たるもの黙ってはいられませんよね! 

今回は、健康的にダイエットが叶う「グルテンフリー」について紹介します。
グルテンフリーダイエットのメリット グルテンを取りすぎない方がいいのはなぜ?の1枚目の画像


そもそもグルテンフリーってなに?


グルテンフリーとは、小麦をはじめライ麦や大麦に含有されているたんぱく質の一種である「グルテン」を摂らない食事方法です。グルテンは腸内環境を悪くすると言われており、アレルギーや花粉症などが起こしたり、ニキビや吹き出物をつくる原因となるため、美容の観点からも摂りすぎない方が良いものとされています。

グルテンフリーは当初「小麦アレルギーなどの疾患に対し、グルテンを除去する食事療法」としてパンを主食とする欧米で広まったのですが、近ごろでは「グルテンを摂らないことで食事の摂取カロリーを減らす」という意味も持つようになり、グルテンフリー=ヘルシー、ダイエットにも効果的というイメージに変化してきました。

グルテンを摂らないことでダイエットに効果的?


かなり多くの食べ物の中にグルテンが含まれているため、グルテンフリーの食生活では自然と食べられる食材が減ってきます。小麦粉を使った炭水化物を食べないので野菜や果物が中心の食事となり、たくさん食べても摂取カロリーが低いため、結果的にダイエットにつながるというわけです。

ただし、専門家の中にはこの偏った食生活に警鐘を鳴らす声もあります。基本的には炭水化物もタンパク質も全てバランスよく食べることが健康を守るためには必要だからです。
間違った方法で偏りのある食生活をすることはおすすめできませんが、グルテンを除いた食事は工夫次第で続けることができます。

“米”を取り入れた日本食でグルテンフリーに!


食事が欧米化する日本では、パンやパスタ、ピザなど小麦を使う食事が日常的にあふれています。日本食でもうどんや蕎麦には小麦粉を使っているので、日本人にとっても小麦粉はなくてはならない食材なのかもしれません。

でも、日本では米が主食! 基本に立ち返った日本食を食べることで、自然とグルテンフリーな生活ができるのです。たとえば、玄米に豆腐とわかめの味噌汁(味噌は麦味噌を使用しない)、焼き魚とホウレン草のおひたし、漬物といったシンプルな日本食にはほとんど小麦は使われていません。

グルテンフリーの基本は、穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食をベースとした「マクロビオティック」の考え方をとりいれているため、これらを基本食として食べることで健康的なグルテンフリーの生活を送ることができます。

グルテンフリーなスイーツを作って、ダイエット中も我慢しらず!



それでも食べたいのが甘いもの。ケーキやクッキーなど、ほとんどのスイーツには小麦粉が使われています。

そこで試して欲しいのが、小麦粉を違うものに変えて作るスイーツです。最近では、アーモンドやココナッツを粉状にしたものがグルテンフリー食材として注目されています。小麦粉の代わりに使ってケーキやクッキーを作れば、ダイエット中でもグルテンフリーなスイーツが食べられるので我慢することもありません!
グルテンフリーダイエットのメリット グルテンを取りすぎない方がいいのはなぜ?の2枚目の画像


最近では米粉を使ったパンを販売しているベーカリーもあるので、「パンが食べられない」というストレスを感じる心配もなさそうです。

ダイエットがなかなか上手くいかない人は、一度グルテンを摂らない生活を送ってみるのも良いかもしれません。完全でなくとも、まずは少しずつグルテンを減らすことから始めてみては?
(キノシタマユコ)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡