スキンケアに欠かせない化粧水の使い方 お肌にいいのは素手? コットン? 

化粧水や美容液をつけるとき、素手かコットンかで悩みませんか? 浸透を良くするためのパッティングも間違った方法だと逆効果になることも。今回は肌にとって良いスキンケアの方法をご紹介します。

スキンケアに欠かせない化粧水の使い方 お肌にいいのは素手? コットン? の2枚目の画像

間違ったパッティングを続けると逆効果かも


洗顔後、化粧水、乳液から美容液、クリーム……が基本的なスキンケアの方法ですが、一番最初につける化粧水をつけるとき、肌に染み込ませるようにパタパタとたたき込みながらつけている人は多いのではないでしょうか。でも、このパタパタとたたき込む「パッティング」は、した後に顔が赤くなるほどたたき込むと、力が強すぎる証拠。これでは肌への無駄な摩擦が刺激となり、赤ら顔の原因となってしまうんです。

さらにコットンでパッティングしている人は、コットンの水分量をひたひたになるまで染み込ませすぎていたり、毛羽立ちの多いコットンを使ってしまったり、繊維の摩擦による肌へのダメージで、シミやしわの原因を知らず知らずのうちに作ってしまっています。

確かに、コットンパックの場合は、ひたひたに浸したものを肌に乗せるのが良いとされています。しかし、コットンパッティング(コットンや手で軽くたたくように肌に化粧水を乗せること)をする際は、化粧水を浸しすぎるとコットンが固くなり、肌に負担がかかってしまうため避けるのがベター。

せっかくお手入れしているのに、間違った方法を続ければ肌を傷つけることになってしまい逆効果。それでは正しいパッティングとは一体どうすればいいのでしょうか?

正しいパッティングは化粧水を肌に染みこませるように


パッティングは化粧水を肌になじませるためにするものです。決して肌に刺激を与えるためではありません。

正しいパッティングは適量の化粧水を、肌をリフトアップさせるようなイメージで、顔の中心部から外側に向けてマッサージするようになじませることです。「パッティング」というと、言葉の響きからたたくようなイメージを持ちますが、実際は肌に染み込ませるようにするのです。

素手かコットンかどちらが良い?


パッティングをする時に、素手でやるかコットンを使うかどちらかだと思いますが、実はこの2つの方法に正解はなく、どちらにもメリットとデメリットがあります。

素手のよいところは、手のひらの体温によって化粧水が肌になじみやすく、なめらかな感触で肌自体に大きな力を掛け過ぎないことです。しかし、手のひらにはいろんなところを触るので雑菌が付きやすく、雑菌のついた手でケアをすれば当然顔にもついてしまいます。

コットンは、均一な水分量で一定に肌へアプローチできますが、その反面繊維による擦れも心配ですし、コットンの質によって、随分と肌への影響は変わってきます。

両方のメリットを活かしたケアで効果を最大限に引き出す!


このようにどちらにもメリットとデメリットがあるのですが、逆に言えば両方の性質を活かしたケアをすることで、パッティングの効果を最大限に引き出すことができます。

清潔な手のひらでパッティングを行った後、より乾燥が気になるところや重点的にケアしたいところにはさらにコットンを使ってコットンパックをします。コットンは手のひらと違って凹凸がなく、顔のカーブに沿って密着してくれるので、細かいところの保湿に効果的です。


せっかく高い化粧水を買っても、使い方を間違っていては、効果を発揮することなく刺激の元になるだけです。これからのケアに、もう一度使い方を見直してみましょう!
(キノシタマユコ)
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事