彼氏がどんどんできなくなる女子のダメな片思いパターン

片思いに悩んでいる女子の恋愛相談が、ネット上にはすごくたくさんあります。たくさんの相談を分類していけば、彼氏がどんどんできなくなる女子の片思いのパターンは、たとえば以下の4つに分けることができるように思います。

女子のダメな片思いパターン
女子のダメな片思いパターン

今回は、彼氏がどんどんできなくなる女子の片思いのパターンについて、一緒に見ていきたいと思います。

なんでもダメな方向にばかり考えてしまうから彼氏ができない


片思いの彼をご飯に誘ったら断られたとか、彼と一緒に帰る道すがら、なにも会話ができなかったとか、そういう小さなことで一喜一憂して、ネガティブ思考にやられたら、当然、彼氏がどんどんできなくなっちゃいます。もちろん、一喜一憂する気持ちや、ネガティブな思考に陥る気持ちは、理解できないものではありませんが、恋愛というのは、つまるところ男女の勝負です。

だから、断られたら、次はどうやれば断られずに済むのかとか、会話ができなかったら、次はどうやったら会話ができるようになるのか、というようなことを、人知れず黙って考えている人が、両思いになれるのです。

"自分から好きにならないと付き合いたいたくない"と思っているから彼氏ができない


ほかの何人もの男子から言い寄られているにも関わらず、「自分から好きにならないと付き合いたくない」と言っている女子がいます。そういう女子の中には、ずっと片思いをしている人もいます。
自分から好きにならないと付き合いたくないというのは、おそらく人の自然な気持ちであって、否定されるようなものではないはずです。

片思いをしているときは、どうしても視野が狭くなりがちかもしれません。でも、ものすごく好きな相手でなくとも、8割ぐらい好きであれば、自分に言い寄ってくる男子と付き合っちゃうというのも、ひとつの方法です。
付き合いながら、片思いの男子について、ひそかに想いをめぐらしていけば、自分がいかに夢物語のような片思いをしていたのかということに気がついて、自分の中で片思いのつらい気持ちが、いい思い出となって、終結していくということもあります。

好きすぎて尽くしてしまう女子は片思いのままで終わりがち


EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ