女性にとって結婚はデメリットだらけ? 結婚への不安を解消するには

20歳代前半の女性から、発言小町に「結婚のメリットとは?」という投稿が寄せられました。トピ主さんには交際中の男性がいて、来月から結婚を前提に同棲することになりました。しかし、「結婚を意識すればするほど、女性にとって結婚はデメリットでしかない」と思ってしまうそうです。

「男性側には家に賃金を払わなくて良くて、お金を稼いで来るベビーシッター兼お手伝いさんがいるというメリットがある」「けれど、働きながら家事育児をする女性側には、夫と一緒にいるメリットはない」と持論を展開。「そんな考えしかできない小娘に、どうか結婚のメリットを教えて頂けないでしょうか」とアドバイスを求めています。



結婚のメリットって一体なんだろう? 「形のないもの」もある


結婚を前提に交際している恋人がいて、「結婚後もフルタイムで働きたい、子どもが欲しい願望もある」というトピ主さん。自身の「結婚」が現実に迫る一方で、「結婚は女性側にはメリットがないのでは」と不安に思っているのですね。損得だけで結婚のすべてが説明できるわけではないですが、いい機会ですので、あえて「メリット」を一緒に考えていきましょうか。

まず一般的に考えられる「形のあるメリット」としては、家族や親戚、子ども、家や共有財産ができることなどがありますよね。相手の参加姿勢にもよりますが、家庭運営の協力者ができることや、毎日楽しく寝食を共にできる相手ができることなども、男女問わず見逃せないメリットでしょう。

また、「形のないメリット」もあります。愛情や思い出が得られることのほか、以下などは既婚者たちからよく聞かれることです。

結婚することで得られる、形のないメリット


1.世間や周囲からの風当たりが和らいだ


「結婚はまだかとしつこくネタにされる」「独身の頃のほうが、会社での風当たりが強かった」「結婚して子どもができたら『大変ね』と周囲が優しくなった」なんて話は、現在でも少なからず聞かれます。

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ