セルフでできるワイヤーネイルのやり方 自分で好きなパーツを作ってオリジナルネイルを♡

今回は今注目のワイヤーネイルのやり方をご紹介。ワイヤーネイルは手芸屋さんや100均でも手に入るワイヤー(針金)を使ったおしゃれなネイルです。自分の好きな形にワイヤーをかたどってパーツを自作♡ ワイヤーがネイルの良いワンポイントになってくれる簡単なネイルです。
セルフでも手軽に挑戦できるので、ぜひワイヤーネイルにトライしてみてくださいね♡

ワイヤーネイルで時計風デザイン♡
ワイヤーネイルで時計風デザイン♡


ワイヤーネイルに必要なもの


・細めのワイヤー
今回使用するワイヤーは、ゴールドは手芸屋さん、シルバーは100均で購入しました。ジェル派の方はさほど気にすることはないのですが、普段マニキュアを使うポリッシュ派の方は、極力細いワイヤーを用意してください。
今回、ゴールドは0.24mm、シルバーは0.28mmを用意。
わずかな違いですが、マニキュアでワイヤーネイルを行う場合は、ゴールドの方が使い勝手が良いと感じました。
0.24mmと0.28mmの針金
0.24mmと0.28mmの針金


・筆や鉛筆などの細めの棒
ワイヤーを巻き付けて形を作るのに使用します。
ドット棒・ネイルアートブラシ
ドット棒・ネイルアートブラシ


ワイヤーネイルで使う、パーツの作り方


基本的な円形は棒にぐるぐる巻き付けて作ります
基本的な円形は棒にぐるぐる巻き付けて作ります

まずはどんなネイルデザインにも合う、一番便利な形、円形のワイヤーパーツの作り方から。
こちらはワイヤーを棒にクルクル巻き付けてカットします。数個まとめて作るのがおすすめです(0.24mm針金なら通常のハサミでもカットできます)。

二重三重にした楕円型のワイヤーパーツ。
二重三重にした楕円型のワイヤーパーツ。

こちらもどんなネイルデザインにも使える、グルグルの円形型のワイヤーパーツ。
ネイルサロンなどでもよく目にしますよね。円形のワイヤーパーツを作る時と同じように、棒にグルグル巻き付けカットしたら、指の腹などで縦長を意識して形を整えます。
細めのワイヤーなら自由な形にアレンジしやすいですよ☆
細めのワイヤーなら自由な形にアレンジしやすいですよ☆

ハートは細い棒を使って左右のカーブ部分を整えると簡単です。
他にもお好きなアルファベットや、上級者さんは星や月などの形にもチャレンジしてみて下さい☆

ワイヤーネイルで使うパーツのアレンジ方法や保管について


たくさん作ってまとめてケースで保管しましょう
たくさん作ってまとめてケースで保管しましょう

EDITOR

ayako.r
元美容部員。現アメーバ公式トップブロガー・HOMEIオフィシャルネイリスト。化粧品検定2級。美容系にも関心高め。

関連記事

今、あなたにオススメ