エロと色気の違いとは "色気がある女"になるため身に付けたいしぐさ

男性が“エロさがある”と感じる女性と“色気がある”と感じる女性、これってどのような違いがあると思いますか? どちらも男性からすれば魅力を感じるようですが、より真剣な付き合いを求める相手としては、やはり“色気がある”女性の方が望ましいそうです。

そこで今回は「エロさ」を「色気がある」に変える簡単な方法をいくつか紹介します。参考にして、ぜひ色気がある女性を目指してみてくださいね。



1.下着が見えそうになったら手で押さえる


女性の胸元やスカートの裾から下着が見えそうになったら、ついつい視線が釘付けになってしまう男性は多いはず。けれども、そんな時に男性が感じているのは“エロさ”だけなんです。つまり、下着が見えそうな(露出の多めな)ファッションをするだけでは、色気を出すことはできないんですね。

それでは、色気を感じさせるためにはどうしたら良いのでしょうか。それはずばり、「見えそうになった下着を見えないように手で押さえる」というしぐさをすれば良いのです! たったこれだけで「下着が見えそうでエロい女性」から、「ちょっとしたしぐさに色気がある女性」に変身することができます。

男性は見えてしまった下着よりも見えそうで見えない下着に興奮する人が多いですから、できるだけ下着は見せない方が「色気がある女」の印象を与えることができるんですよ!

2.食事の前にサッと髪の毛を束ねる


食事の時や飲み物を飲む時、口元をアピールして色気を出そうとする女性って多いですよね。でも実はこれ、かなりの逆効果なんです。そもそも食事と言う行為にエロさを感じる男性も多くいるので、それにプラスして口元をアピールしていては完全に「エロい女性」のイメージが植え付けられてしまいます。

食事の時に男性に色気を見せたいのであれば、食事の前にサッと髪の毛を束ねてみましょう。ヘアゴムを口にくわえる姿に、男性はたまらないと感じる人が多いようですから、もちろんこれも活用します。髪の毛が長い人であれば、後ろでさっと束ねるよりも横で束ねる方がさらに色気を感じさせることができるでしょう。

食事が終わってから束ねていた髪の毛をさらっとほどけば、この時にも色気を重ねてアピールすることができます。口元はエロさ、髪の毛は色気と覚えておくと良いですね。

3.脚を組みかえるより、あえてそろえる方が色気アリ!


脚で男性に色気をアピールしたいと思った時、何度も組みかえるという行為をする人が多いはず。でもこれでは色気よりもエロさを男性に感じさせてしまいます。脚を何度も組みかえて男性に見せていると、「その気なのかも……」なんて勘違いをされてしまう可能性もあるので危険です。

それでは脚を使って色気をアピールする時、どのような行動を取れば良いのでしょうか? 実は脚は組みかえるよりもそろえた方が色気が増すんです。もちろん、ただそろえるだけでは普通過ぎるので、斜めに脚を流してそろえる姿勢を取りましょう。

そしておもむろに前かがみになって、靴のかかとを直すようなそぶりを見せてください。これは男性からするとかなり色気があるしぐさに見える行為です。ただし、かがみ過ぎると色気がエロさに変わってしまうので、あまり胸元を意識させるようなポーズは取らないのがポイントです!

色気とエロさの違いって女性からすると良くわからない部分が多いと思います。けれど、男性はちょっとしたしぐさや動きの違いで色気とエロさをしっかりと分類しています。この二つの境界線でどちらを選ぶのか、それによってあなたが本命彼女になれるかどうかが変わってくる場合もあるので、しっかりと二つの違いを意識した行動を心がけたいですね。
(Yuzuko)
1

EDITOR

Yuzuko
元アパレル店員のフリーライター。アラサー女子が恋愛やファッションなど身近なテーマをネタに誰かの役に立てるようなコラムを執筆していきます!

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事