彼氏と別れて後悔するとき 駆け引きなんてしないで素直になるべき!

誰だって後悔などしたくないもの。しかし彼氏との別れ方で後悔したり、軽はずみな気持ちで不倫してしまい後悔したり……という経験がある女性も多いのではないだろうか。こと恋愛においては相手あってのことなので、いっそう引きずることだろう。
女子が彼氏と別れて後悔する時
女子が彼氏と別れて後悔する時

そこで今回は、恋愛において一体どんなことを後悔しているのか、20~40代の女性に伺った。あなたがのちのち後悔しないよう、参考にして欲しい。

1.自分の気持ちをちゃんと彼氏に伝えておけば良かった


・「意地なんてはらずに素直に彼氏に甘えればよかった。本当はうれしかったくせにわざと逆のことを言ったり彼氏を困らせてしまった。あんなふうに彼氏を否定していなければきっといまごろ……」 (26歳・保育士)

・「彼氏が私を好きでいてくれることが当たり前に感じていた。自分は愛されてるといい気になっていたし、自分にはそれだけの価値があるなんて心のどこかで思っていた。彼氏がいなくなって自分の高慢さに気づきました。もっと彼氏に『大好き』『あなたが一番大事だよ』って、ちゃんと伝えておけばよかった。やり直したい」(27歳・医療事務)

・「駆け引きとかなんてしないで、もっと素直に自分の気持ちを彼氏に伝えればよかった。あんなに好きだと思える人、この先見つかる自信がない」 (29歳・広告代理店)

・「もっともっと彼氏からの愛が欲しかったんだと思います。ワガママを言って求めてばかりで、彼氏への思いやりがなかったと思います。今思うと、ホント子どもじみた恋愛でしたね。自分の主張を聞いてもらうのが恋愛ではなく、相手を大切に思っている気持ちを伝えることが恋愛だと悟りました」(28歳・アロマ)

――本当に好きな相手に気持ちを伝えなかった後悔は、何年経っても消えやしない。人間はやる後悔よりもやらなかった後悔を引きずるもの。やって失敗した場合なら、何年か経てば必ず笑い話になるし思い出にかわるだろう。
しかしやらなかった後悔は、笑いに変えることもできなければ人生の糧になることもないのだ。「あの時素直になっていれば……」もっと違う人生をおくれたかもしれないのである。

2.きちんと彼氏と別れておけば良かった


・「彼氏と結婚のことやらこの先のことで口論となり、そんな時にメールで『もう私たち別れたほうがいいね』って送信してしまった。多分その時の私は、彼氏を試そうとしていたんだと思う。『そんなこと言うなよ! バカッ』って家にダッシュで来てくれることを期待してたのに、『わかった。キミがそう言うなら』と彼氏から返信が……。ちゃんと会って話し合うべきだったと思う。いままでの彼氏との思い出や大事な数年間をそんな形で終わらせてしまった自分を呪っています」(36才・税理士事務所)

――恋愛で大事なのは、はじめ方より終わり方かもしれない。キレイに美しく別れるというよりも、最後に相手ときちんと向き合うこと。逃げずに向き合うことだ。本気で付き合ったからこその誠意を互いに示すことが何より大切だろう。

人は恋を葬ることに同意しその別れを受け入れてこそ、次の一歩をまた踏み出せるのだ。恋の終わらせ方は、その後の自分の人生を左右するくらい重要である。

3.彼氏と別れなきゃよかった



・「元彼とケンカした時に『お願いだからもう一度チャンスをくれ』『頑張らせて欲しい』と下手に出てくれたのに、カッとなってた私は『もうムリッ』って言っちゃった。 あんなに私を大事にしてくれた優しい人となんで別れちゃったんだろう。もう取り戻せない」(33才・理容)

・「彼氏のことが好きだったのに、下らないケンカをしてヤケになってる時に。飲みに誘われた上司と酔った勢いで浮気をしてしまった。それが彼氏にバレてすっごく責められめんどくさくなってしまい別れた。その元カレがもうすぐ結婚するということを知り合いから聞かされ、すごく後悔してる。私って本当にバカバカバカ」(32才・歯科助手)
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡