好きな人からモテず、苦手な人にばかり好かれてしまう女子が意識して変えてみるべきポイント

発言小町に「飲み会で苦手な人から好かれるのはなぜ?」という投稿が寄せられました。「飲み会などで自分がいいなと思った人からは好かれず、苦手だなと思う人から好かれること」に悩んでいるトピ主さん。よく「気のない相手には自然体で振る舞えるから好かれる」とも聞くけれど、場の全員が私の同じ態度を見ているはずなのに……と腑に落ちない様子が伺えます。「好かれるのはありがたいことなのですが、いいなと思う人に好かれないので、『まただ』と落ち込んでしまう」と心境をつづっています。

 
 


「いいなと思った人に好かれる確率が高い人」ってどんな人?


恋愛において「自分がいいなと思う人に好かれたい」というのは、一番の願いですよね。「簡単には叶わないからこそ、叶ったときの喜びも大きいはず!」なんて思っておくのもひとつですが、世の中には「いいなと思った人に好かれる」という幸運を繰り返し手にしている人たちもいるのは事実。そういう人にはどんな特徴や行動傾向があるのか、知っておいて損はないかもしれません。

「いいなと思った人に好かれる確率が高い人」には、どんな傾向があるのか。いろいろな事例を見てきたなかで私が思う共通点は、以下の3点です。

1.意中の相手に、さりげなく「好意」や「気があること」を伝えている


投稿には「飲み会などではその場にいる人全員が私の同じ態度を見ているはず」「(好意のある人にも、気のない相手に対しても)そんなに態度に違いは出ないはずと思う」という記述がありますが、もしかしたら「相手によって態度に違いが出ていない」ということが、逆に恋愛の展開にはネックになっているのかもしれません。

誰にでも同じ態度をしていると、意中の男性に「俺に気があるのかな?」と思わせることができないですよね。相手側にアプローチの主導権を任せるならば、こちらから「アプローチしてきても大丈夫だよ」という態度くらいは見せておかないと、進展しにくい面はあるでしょう。気のある相手と話していると、ついうれしそうな顔になったり、おしゃべりになったり、自然に“特別扱い”をしてしまうことも少なくないですが、気持ちが表情や態度に出にくい人の場合は、意識的に好意を伝える工夫をしていきましょう。

ポイント
誰にでも“同じような態度”で接するのではなく、意中の相手にはちょっぴり“特別扱い”をして好意を示してみる。もちろん、特定の人をあからさまにひいきして周囲を無視するような態度でいれば批判を買ったり、意中の男性から嫌われてしまったりするリスクもありますが、常識的な範囲で”さりげない好意”を示すことは、批判されるべきことではないはず!

2.「自分が話したい人」と話す力に長けている


大勢がいる場でも、自分が「話したい」と思う人と話せるようにもっていく能力が高い人っていますよね。そんなことは特に考えずに、飲み会にはのんびりと楽しく参加したい、という人もいるでしょう。それはそれでいいことだと思います。ただ、こと出会いの場として考えた場合、上記のように考えて動いている人たちに比べると、短い時間を効果的に使えず「自分の思うような恋愛の展開」に持っていきにくい傾向はあるかもしれません。

ポイント
興味のない相手から話しかけられたときは丁寧に器用に交わしながら、興味のある相手に上手に近づいていき、いつの間にか仲良く話しこんでいる。こういう人たちは限られた時間を自分の望む方向に持っていくために、飲み会の間も、それなりに頭を使って動いているように見受けられます。

3.いいなと思う人との関係を「その場限り」で終わらせないための行動をする


自分がいいなと思ったら、好意を持たれているかはさておき、まずは自分から「次の機会を作る努力」をする、というのも一案です。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事