好きな人のことをネットで調べちゃった! 意外な過去が出てきた場合どう対処するのが正しい?【イラスト】

恋愛のスタイルで、ひと世代前と大きく変わったことは、相手のことを(大げさに言えば)「ネットストーキング」できるようになったことでしょう。
それが悪い方向に転がれば、トラブルや犯罪に巻き込まれる例もあるのでほどほどに……でも、気になる人・好きな人・彼氏・元彼・ライバルなどのことをネットでチェックするくらいのことは、このご時世だれしも大なり小なり自然とやっているはず。
FacebookなどのSNSでプロフィールや経歴や家族構成を調べたり、人によってはググれば学生時代や職場の写真や記事が出てくる可能性も。それはさながら身辺調査のよう……!女子はときに探偵と化すのです。
さて、そんなとき、「今とイメージが違いすぎる写真」「なんだかショックな元彼女」「謎の交友関係」「恥ずかしいポエム」などなど、意外な過去が発掘されてしまったらどうしますか?

人によってはググれば学生時代や職場の写真や記事が出てくる可能性も。女子はときに探偵になる!?
人によってはググれば学生時代や職場の写真や記事が出てくる可能性も。女子はときに探偵になる!?


1.今は今、昔は昔と割り切る


好きな芸能人とかでもありますよね。もっと知りたくて検索したら、意外すぎる卒アル写真が出てきてちょっと引いてしまったり。
でも、過去は過去。そのときの彼あっての今の彼だから!
そう思えるのがいちばん理想的。

割り切る際のポイント


ネットで得た情報は、彼の誕生日を覚えておいたり、出身地や趣味などを会話のきっかけにする程度に活用しましょう。過去にばかりとらわれてしまうと余計な心配も増え、信頼関係が揺らぐ原因にもなりかねません。

2.彼に直接過去について突っ込んでみる


「あれってなんだったの……?」と彼自身に聞いてみるのもアリですが、「なんで知ってるの?」「どこまで調べてるの?」と逆に引かれてしまうのも避けたいところ。
さらに、彼と良好な関係をキープしたいなら、プライドを傷つけるような突っ込み方はくれぐれもNGです。

過去を突っこむ際のポイント


まずは彼の反応をうかがいながら突っ込んでいきましょう。
「証拠物」を見せて、あっさり認めるようなら、そのまま少しずつ深入りしていっても問題なさそう。
怒った様子を見せたら、それは触れられたくない黒歴史。あえてさらに突っ込むか、それ以上踏み込まないかの二択です。そこから彼をどう判断するかはあなた次第!
スルーしたがっているようなら、要注意案件。地雷を踏まない程度に進めていきましょう。

「Facebookで見たんだけどさ〜」などさりげない切り出し方で、あくまでも「詮索した」ではなく「いい意味で興味があった」と思ってもらえるように配慮が必要です。
干渉されるのは嫌い、自分に興味を持ってもらうのは嬉しい、という男子は多いもの。
独特なファッションセンスの話題なんかは、冗談混じりに振ることができるかも!うまくいけば会話が盛り上がるきっかけにできそう。

3.そっと離れる


彼に突っ込もうとしたらどうしようもなく機嫌を損ねてしまったり、スルーされてもやもやしたり。
そういうときは、彼の方があなたから離れてしまいたくなるパターンも……。
「どうしても価値観が違う」「今の彼と昔の彼を切り離して考えるのが難しい」という場合は、その感情に素直になることも必要かも。ネット上で知った情報から「違和感」を覚えたのならそっと離れてみるのも正解かも。

過去を知ってもやもやしたときのポイント


ここまでみてみると、結局は気の持ちようというか、彼に対してどの程度の思い入れがあるかが大事なのかも。
それならいっそ前情報なんて必要ない!というのもひとつの考え方。そもそも調べないという選択も賢明です。
今の彼とまっすぐに向き合いたいなら、恋愛に関してもソーシャルデトックスしてみては

――逆に自分の過去も、好きな人にアクセスされてしまう可能性大ということ。
新しい恋に踏み切るなら、ネット上の「身辺整理」も抜かりなく……!
(大石蘭)
1

この記事を書いたライター

大石蘭
1990年生まれ。イラストレーター、文筆家として活動中。著書『妄想娘、東大をめざす』(幻冬舎)他

関連記事

今、あなたにオススメ