もう耐えられない! 束縛彼氏の特徴と束縛グセを直させる方法

彼氏が束縛の激しい男だとわかれば、全力で逃げたほうがいいです。少し連絡が取れないだけで鬼のように電話をしてきたり、男友達の話をしようものなら機嫌が悪くなって怒り出したり。
ただ、そんな束縛の激しい彼氏にもかかわらず、好きな気持ちは変らない、という女子もいるでしょう。

今回は、彼氏から束縛されないようにする方法・束縛を緩めてもらう方法について紹介します。
 
 

束縛されないようにする方法まとめ


(1)ダメなものはダメと彼氏を叱る
(2)隠しごとがないことをアピールする
(3)彼氏の仕事をフォローする
(4)友達の前で彼氏の束縛を暴露する

束縛がキツイ彼氏には、こんな方法が有効です。束縛を緩めてくれる方法について以下で詳しく見ていきましょう。

“ダメなものはダメ”と彼氏を叱る


「束縛が激しい男子って、精神的に子供なんです。だから『私ばかり気にしていないで、ちゃんと働け!』って叱りました。叱ったら彼、わりとまともになりましたよ」(27歳・受付)

これは、たくさんの男と接してきた多くの飲み屋のママが言う「鉄則」でもあります。女子に対して、過剰にメールを送ってくる客とか、根掘り葉掘り女子のことを聞きたがる客、ほかの客と食事に行ったことを、いつまでもグズグズ言う客などに対して、ママたちはピシャッと言うそうです。

「あんた、そんなにグズグズ言うのなら、もうお店に来なくていいわよ」
これで、「ふつう」の態度に戻って、お店に通い続けるお客……わりといるそうです。

彼氏を叱るのも愛のうち


若い彼氏も同じです。女子が叱ってやればいいのです。束縛が激しい男子って、精神的に子供なのだから。
ただ、年齢によるのかその女子の性格によるのか、あるいは叱られて育てられなかった女子が多いからなのか、「叱り下手」な女子って、案外多いですよね。
でも、ちゃんと「ダメなものはダメ」と言って聞かせるのも愛のうちです。男子って、ホントは女子に叱ってもらいたいのです。

隠しごとがないことを彼にアピールする


「『私がトイレに行っているとき、スマホが鳴ったら出て!』と彼に言いました。これだけで隠し事がないと彼は判断して安心したのか、束縛癖が治りました」(26歳・モデル)

こっちがオープンになれば、相手もオープンになる、ということもあるわけです。
自分と彼の立場を逆に置き換えてみてもわかることだと思います。仮に彼がなにもやましいことをしていなかったとしてもコソコソ隠れるような態度をとっていたり、必要以上にスマホをいじっていたりしたらなんだか怪しいと思うはずですから。

彼を安心させたければオープンでいることが一番


なにもないならなにもないと、堂々とした態度でいることで束縛しがちな彼氏を安心させることができます。あまりにも彼が束縛屋な場合は、逆に隠しごとがないということをアピールしてあげましょう。

彼氏の仕事をフォローしてあげる


「束縛が激しい男子って、総じてみんな仕事に対する意欲がゼロの男ばっかりでした。だから彼氏の仕事がうまくいくように、彼女としてフォローしました。すると少しずつ束縛癖が治ってきました」(26歳・ネイリスト)

ハッキリ言って、男は暇だから彼女のことを束縛したいと思うわけです。あるいは、さみしいから束縛したいわけです。男で暇とかさみしいというのは、この彼女が言うとおり、「仕事が充実していない」わけです。彼氏の仕事のフォローをしてあげることで、彼の束縛癖が治るというのも、ひとつの真実でしょう。

束縛癖は仕事や趣味で治るかも?


束縛する彼氏の特徴として、自分に自信がないというタイプの人も多く存在します。仕事がうまくいかない、良い職場ではない、適職に出会えていない……そんな環境にいる男性は自分に対しての劣等感から彼女を束縛してしまうことも。
1
2

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡