石原さとみvs本田翼『校閲ガール』のキャラに学ぶ“モテ女子”の極意

人気ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』。かわいくて元気な主役の石原さとみさんはもちろんですが、“仕事と恋のライバル”として登場する本田翼さんもクールでカッコいいですよね。

ドラマのなかでは、二人ともそれぞれ周りの男性を魅了しているようですが、性格は非常に対照的。

-




そこで今回は、二人の特徴から“モテ女”の極意を探ってみました。

『校閲ガール』の人気キャラを分析 二人の性格特徴は?


森尾登代子(本田翼さん)タイプ……いろんなものに恵まれているのに自信がない


・環境に恵まれていて運がいい
・あまり物事に熱くなれない、冷めた態度をとりがち
・寄ってくる男性に興味がなく、難しい恋にのめり込みがち
・恋愛慣れしている。時に悪女キャラになることも
・無駄な努力は基本したくない
・周りの評価を気にしている

河野悦子(石原さとみさん)タイプ……夢はなかなか叶わないけど自信がある


・なかなか夢が叶わない
・物事に熱くなりやすい
・おじさんにかわいがられることが多い
・恋愛では一方的に盛り上がっているのも好き。意外とピュア
・無駄な努力でもとにかくしまくる
・周りの評価をあまり気にしない

悦子が周囲を魅了する理由 森尾との相違点


森尾(本田翼さん)は彼氏もいるし、知り合う男性たちに誘われることもしばしば。ですが、今のところ「本気で愛される」という“真のモテ”の軍配は、悦子(石原さとみさん)に上がっている気配です。主役だから当然とも言えますが、悦子は「私はこう生きる」という芯を持っている“信念の女”として描かれています。だからこそ周囲の人々は性別を超え、人として彼女に惹かれるのでしょう。

努力家の悦子タイプは、自信を持ち続けられれば最強!


公園でロケ!ジャングルジム #地味スゴ #石原さとみ

【公式】水ドラ『地味にスゴイ!』さん(@jimisugo)が投稿した写真 -



悦子はたとえ徒労に終わろうとも、とにかく努力をしまくるタイプ。「ファッションの編集者になる」という叶わない夢を長年追いかけていても、「できる努力はしている」という自負があるからこそ、妙な自信を保てているのかもしれません。その自信家っぷりに最初は反感を持つ人も少なくないですが、そのうちに誰もが彼女のまっすぐさに惹かれていく――。

また、彼女は夢が叶っていなくても「こんな私じゃだめだ」なんてネガティブに落ち込むことはありません。底抜けに明るい。この点も彼女の最大の魅力ではないでしょうか。

恋愛や婚活でも、目標が叶わないときに自信を失い、ネガティブに落ち込んでしまう人は少なくないですよね。でも落ち込み続けていても、よくないオーラが漂い、目標はいっそう遠ざかるだけ。
悦子のように「それなりに努力している」という自負がある人は、現状結果が出ていなくても、明るく突き進むのが一番! 悦子に比べると「自分は全然、努力が足りていないな〜」と思う人は、できる限りの行動を始めてみるようにすると、よい恋愛も自然に近寄ってくるかもしれません。

森尾タイプは、必死になる経験が変化の鍵に!?




逆に、人から憧れられるような要素(元読者モデル、人気誌のファッション編集者)をいろいろと持っていても、森尾はいまいち自分に自信が持てていません。大した努力もせず、目標もなしにそれらを得てきてしまったからでしょう。その反動なのか、恋愛では一筋縄でいかない関係(不倫)にのめりこんだり、悦子の恋路を無意識に邪魔したりもしていました。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事