クリスマスまでに彼氏が欲しい! その焦りが悲劇につながる理由は【イラスト】

ハロウィンも終え、お次に待ち構えるはクリスマスという恋人同士の一大イベント。
この時期になるとなんだかみんな急にそわそわし出し、「今年のクリスマスは何する予定ー?」なんて質問を耳にします。
恐ろしいことに、今年の12月23~25日は金・土・日の三連休なんです……!! 
街はにぎわい、愛であふれかえること間違いなし。「『クリスマス~? 仕事だよ!』と言い訳ができなのでツライ……」と、恋人のいない友達がわめいておりました。

そんなざわめきが生む、クリスマス時期ならではの失敗しがちな行動があるのです。

一人ぼっちのクリスマスは悲しい……
一人ぼっちのクリスマスは悲しい……


1.クリスマスまでに彼氏を作ろうとするのはNG


恋というのはするものじゃなくて落ちるものです。なーんて。
確かに、「恋がしたい!」って大事な感情だけど、クリスマスに一人が嫌だから彼氏が欲しい、なんて理由では、恋に恋しているだけになりがちです。

彼氏作りを焦るとどうなる?


その人に恋をしてこの恋を大切にしようという気持ちより、なんとかクリスマスに間に合うように! という焦りから、変にアタックしてしまったり……。本当はうまくいったかもしれない片思いの彼と気まずい空気になってしまうことも。
LINEの返信ひとつにしても、あまりクリスマスを意識してるところをお目当ての彼に見せない方が良いのかもね?

2.デートやプレゼントの用意に気合いを入れすぎるのはNG


先走ってあれこれ準備をするものの、クリスマス期間限定のインスタントな恋だったとしたら、肝心のクリスマス直前に振られたり、相手から「クリスマスは家族と過ごすから」なんて言われたりすることも。
彼との関係が浅いうちにクリスマスを迎えると、そういう詰めの甘さが悲劇につながるんです。クリスマスデートのためにネイルやヘアなどの準備を完璧にしていただけに、虚しさが倍増するので、気をつけたいポイントです。

彼氏との関係が浅いとどうなる?


誕生日やクリスマスのプレゼント交換をした後に別れたりすると、「プレゼント目当てだったのか」と言われたりしがち。本当はそんなことなくても、ついそういう悪口につながったりします。のちのち自分が悲しい思いをするので、やはり焦りは禁物! クリスマスだからといって変に意識するのではなく、自然な恋の流れに身を委ねましょう。

3.強がりな態度は嫌われるのでNG


EDITOR

小鳥遊しほ
イラストレーター/コラムニスト/フードコーディネーター/モデル 豊富な肩書きを活かし、料理や恋愛などのイラストコラムを多数連載中。 書籍「くまっているのはボクなのに。一問一頭」

関連記事

今、あなたにオススメ