初デートで彼に好印象を与える方法 ラーメン屋デートではチャーハンを頼むべし!?

片思いの彼との初デート、緊張から失敗してしまうこともあるはず。初デートから次のデートにつなげるためのポイントは、大きく分けて2つあります。それは、彼に「マイナスな印象を与えないこと」と彼に「また会いたい! と思わせること」。そのために女子としてなにをすべきか、事前にチェックしておきましょう。

まず、初デートでマイナスな印象を与えないために気をつけたいことを早速チェックしてみましょう♡

ドキドキの初デート、彼に好印象を与えたい! 
ドキドキの初デート、彼に好印象を与えたい! 


彼の身重を超えない配慮がデート成功のコツ


ヒールは高さがあるほど美脚を演出してくれるものなので履きたくなる気持ちもわかります。でも、高さ次第で相手の身長を優に越してしまう可能性があることを忘れないで。残念ながら、男性は自分よりも背の高い女子をあまり好みません。恋愛条件に、身長を重視している男性が少なくないのも現実です。

初デートは低めのヒールでGO♡


とはいえ、今後も“彼の前ではヒールを我慢”だなんてほぼ無理な話。これから何度もデートを重ねていけば、お気に入りの高さがあるピンヒールを履きたくなるときだって必ずくるはずです。その時を無事に迎えるためにも、初デートは低めのヒールで行きましょう。低めのヒールであれば、足が痛くなって彼に迷惑をかける心配もなくて安心です。

待ち合わせ時間は死守! 絶対に遅れないこと


仕事や特別な事情がない限り、絶対に遅刻をしてはいけません。ルーズ、だらしない、そんな程度の気持ちなんだ……など、遅刻をすれば良い印象を抱かれないことは間違いありません。デートのスタート地点から彼にマイナスな印象を与えるようなことは絶対にやめましょう。

ちょっと早めに着くくらいがちょうどいい♪


せっかくかわいくキメていっても、遅刻をしてしまえばすべてが台無し! 急に入った予定でない限り、できるだけ余裕を持って準備するのがベストです。ちょっと早めに着いて、彼を待つことができるのが理想の彼女です♡

彼からの提案を断ることは極力避ける


緊張緩和や二人の距離を縮めるために、大衆居酒屋やラーメン屋さんを初デートのディナーにチョイスする男性って意外に多いんです。けれども、初デートでラーメンって女子にはいくつか問題が……。勝負服にスープがはねるのが気になったり、麺をすする姿や音が恥ずかしいので、嫌な顔をしてしまいがち。

麺よりご飯ものを注文


もし初デートがラーメン屋さんだったら、麺ではなくチャーハンや中華丼などのご飯ものをチョイスして問題を回避しましょう! スプーンやレンゲを使って食べられるメニューなら、服が汚れる心配もないですし、一口ずつ上品にかわいく食べられます。
距離を縮めようとあえてラーメン屋さんを選ぶ男性も多いので「ラーメンはちょっと……」と断るのはNG。自分とは合わない子だな、と思われてしまいます。
また、ダイエット中で炭水化物が気になっても“食べない(オーダーしない)”ことだけはやめましょう。食事を一緒に楽しめないことは、男性にとってかなりのマイナスポイントになってしまう恐れがあります。

この他にもモラルのない行動や、グチや否定的な発言をすることは絶対にNGですよ!
続いて、「また会いたい」と思わせるポイントをチェックしてみましょう♡

合流時にあたたかい飲み物を渡そう


待ち合わせに早く着いて、「待った?(♂)」「待ってないよ! 今着いたところ(♀)」で“ドキッ♡”を狙うのはもう古い! 新常識は、合流時にあらかじめ買っておいたドリンクを渡すこと。初デートで女子に「これでやられた!」という男性は少なくないそうです。

キュンを狙える渡し方のコツ♡


ドリンクは、2種類をそれぞれ1本ずつ買っておくこと! 「用意をしてくれたうえに、飲める、飲めないという問題にも気を使ってくれている」という点が、まさに好感度アップアップアップ♡ 合流後の緊張MAX時にも「どっちがいい?」から会話もうまれるので、実践する価値がありますよ。特に寒くなるこれからの時期は、ホットドリンクがオススメ♡

ドキドキの初デート、彼に好印象を与えたい! 
ドキドキの初デート、彼に好印象を与えたい! 


彼との会話は聞き手に徹しよう


お互いのことを知るためにも、初デートでは会話をたくさんすると思います。過去のことから現状まで、お互いが話し出すと1日じゃとても足りませんよね。だからこそ、初デートではまず彼に自分のことをたくさん話してもらい、こちらは聞き手に徹すること。ここでは、「聞き上手だなぁ」以外にも彼に与えるいい効果があるんです♡

「君のことも知りたい」につなげることができる


聞き手に徹しながら、彼がたくさん話してくれるように会話を仕向けることが重要です。そうすると、自分のことをちゃんと話す間もなく帰宅時間を迎えることに……。
しかしこれこそが狙い! なぜならば、「もっと知りたい」「今度は〇〇ちゃんの話も聞きたいな」という展開につなげることができるから。最初からがっつり話して、「もうお腹いっぱい♪」にさせないことがポイントです。

ボディタッチや好き好きアピールはおさえよう


意中の相手でも、デートがきっかけで好意を抱いた場合でも、デート中に「好き」を全開にするのは避けたいところ。「こいつ俺に惚れてるな」と確信させるよりは、「脈アリかな? それともダメかな?」くらいにドキドキさせておいたほうが“次回”につなげるには効果的なんです。

「好き」ではなく「楽しい」を全面に♡


全面に出すのは「好き」ではなく、あくまで「楽しさ」。「また会いたいな」と思わせるためには、“好き”を確信させないことと、一緒にいて楽しいと思ってもらえることが大切です。楽しさは伝染していくものなので、とにかく楽しいということが伝わるようにしましょう。

それぞれのポイントをしっかり押さえて、次のデートの約束を……♡ 初デートの際には、ぜひ参考にしてみてくださいね♪
(RIKO)

EDITOR

RIKO
平成生まれのママライター。趣味は、読書、美容、グルメ、おでかけ

関連記事

今、あなたにオススメ