モテる女はTwitterにグチを書かない? 彼氏からの好感度を上げるテクニック集

モテテクやモテメイクを極めることが、男性からモテる女性への道を開くとは限りません。モテ女とダメ女の大きな差は、毎日の習慣の中にあります。たとえば、SNSの使い方。InstagramやTwitterの使い方もモテ女とダメ女では大違い。

今回は、モテ女とダメ女の習慣の違いを比較しながら詳しく見ていきます! モテや男子ウケを意識していても、いまいちパッとしないという女子は、ここに問題があるのかもしれません。

モテ女になりたいけど方法は?
モテ女になりたいけど方法は?


モテる女子かモテない女子かはSNSの使い方で分かる


モテ女は、SNSはライフスタイルを充実させるツールとして活用しています。一方でダメ女は、SNSはグチ専用。または身近な人の観察用として使っている傾向があります。

モテる女のSNS活用術


モテ女は、お手本になるファッションやメイク、とっておきのスポットを見つけるためのツールとしてInstagramやTwitterをフル活用しています! さらに、ダイエットや夢など目標達成の意識を高めるためだったり、仕事で人脈を広げるためなど、公私ともに充実させられるSNSの使い方をしているんです。

モテない女はSNSがグチだらけ


ダメ女はというと、鍵付きアカウントにして仕事や人間関係のグチをひたすらに投稿している傾向が。同時に、身近な人の近況をストーカーのようにチェックして悶々としているパターンがほとんど。例え身近な人に見られていなかったとしても、万が一情報が漏れた場合には男性からの印象も最悪です。

モテ女になるためにグチ投稿を禁止しよう


まずはインスタやTwitterといったSNSにグチやネガティブなことを投稿するのをやめましょう。その代わりに、楽しかったことやうれしかったこと、美味しかった食事などを書き留めるという使い方をしてみるんです。そうすれば、“いいね!”やコメントの数にも変化が現れてきますし、心も安定するでしょう。
グチの投稿は見ている方もあまりいい気持ちはしないもの。どうしてもストレスがたまるのなら、発散用のメモ帳などに書くようにし、ネット上にはアップしないのが正しい選択。

モテる女子は時間の使い方が上手


モテ女は「時間は作るもの」だと心得て行動をしています。一方でダメ女は、「時間がない」が口癖で無駄が多いのが特徴です。

モテる女の時間の使い方


時間は作るものだと心得ているモテ女は、朝活をしたり無駄なスマホタイムを減らす意識をしています。朝活は気持ちがリフレッシュしたり充実感を得られるといったメリットがあり、彼に好印象を与えるために必要なイキイキとした元気なオーラをまとうこともできます。

モテない女の時間の使い方


一方、ダメ女は時間がないと言うばかりで、必要な時間を作ろうとはしていません。ダラダラとスマホを見て夜更かしをしたり、朝は毎日ギリギリまで寝てメイクも適当。こうした生活を続けると、お顔や体は、お疲れオーラたっぷりで、良い恋や素敵な男性をひきつけることができていないかも。

時間に余裕のあるモテ女になるために


まずは、朝活を始めてみることがオススメ。慣れない内は10分でも良いので、いつもより少し早く起きてみましょう。好きな音楽を聞きながらストレッチをするなど、ちょっと憂鬱な朝に「好き♡」をたくさん詰め込んでみると、その1日が変わってきます。
起きてもダラダラとスマホを触ってしまいがちな方は、一旦止めてみましょう。好きなコーヒーを淹れてみたり、ヨーグルトを食べたり、顔のマッサージをしてみたりなど、別の時間に当ててみれば得られるものがたくさんあるはずですよ♡

モテ女は感謝の気持ちの表現が豊か


モテ女は、感謝の気持ちはできる範囲で形にして表現しようとします。一方でダメ女は、どんな場合でも感謝の気持ちはあっさりとした言葉だけです。

モテ女の「ありがとう」は嬉しい気持ちがいっぱい


“してもらうこと”に対して、感謝の気持ちをできる限り表現しようとするのがモテ女。例えば、男性や先輩などにご飯をおごってもらったら、ありがとうの気持ちを小さなカードに書き、プチお菓子と共にデスクに置いてみるとか。「いつもお世話になっているから」と、何でもない日にちょっとしたプレゼントを贈る習慣があるモテ女子もよくいます。

「ありがとう」だけではモテない


ダメ女は、例えどんなありがたいことをしてもらったとしても、「ありがとう」の一言で終わらせてしまいます。もちろんその一言が言えるだけでも、言えないよりは良いのですが、さらにいい人間関係を築くためにもたまには“プラスワン”があっていいに越したことはないのです。

自然にお返しができるモテ女になるために


例えば、車を出してもらうのであればお食事ではお会計を少し多めに出すなど、背伸びをせずにできることから“おかえし”をしていきましょう。些細なものでも、感謝の気持ちを表現できると好感度も上がりますし、自分にとっても気持ちが良いはずです。
例え遠慮されたとしても、その気があるのとないのでは大違い! この意識は、恋愛においても重要です。「してもらってばかり」な人は、男性からもいい印象を抱かれることはありません。

「ダメ女に当てはまった!」という方は、モテ女の例を参考に習慣を変える意識をしてみてくださいね♡ モテ女のマネをすることが、自身もモテ女になるための近道です!
(RIKO)

EDITOR

RIKO
平成生まれのママライター。趣味は、読書、美容、グルメ、おでかけ

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡