遠距離恋愛の不安を解消するには 遠距離になる前に彼氏と結婚するのはあり? 


発言小町に「年下の彼氏との将来について……」という投稿が寄せられました。トピ主さんは24歳女性。交際期間が4年以上になる22歳の彼氏がいます。彼は学生で就職を控えており、春から1年間遠距離になることが決まっているそうです。

彼の両親から「その前に籍だけでも入れたら?」と言われたことをきっかけに、トピ主さんは結婚を考え始めましたが、彼は乗り気ではない様子。1年間ひたすら待つだけというのが正直不安で仕方ない……というトピ主さんは、「彼と安心して遠距離をするために、籍を入れておきたいというのは私のわがままでしょうか」とアドバイスを求めています。

結婚は不安を消すための最良の方法なの?



「学生相手に結婚の話は早すぎて申し訳ないという気持ちもある」とつづりつつも、「籍だけでも入れておきたい」と主張を曲げないトピ主さん。しかし、彼は今すぐそうしたいとは考えておらず、「信じてもう少し待っていてほしい」と言っている。現状、二人の主張は明確に食い違っているという事実は、まず理解したいところです。

結婚には両者の同意が必要ですから、無理強いをすることはできないですよね。結婚は二人での人生の始まりですし、ここで強引に物事を進めてしまうと、決定的な不信や別れにもつながりかねません。

読者からのアドバイスにもあるように、「できちゃった婚を狙う」「彼の両親を味方につけて丸め込む」なんて方法も現実にはないわけではありませんが、あまり作為的な行動をすれば彼の気持ちが離れてしまうリスクもあります。そのリスクを犯してでも、強引に結婚に持ち込みたいというならば止めはしませんが……。

意見がすれ違うときは、お互いの妥協点を探ってみよう


もしそういった方法以外で前向きな解決を望んでいるのであれば、お互いの妥協点を探ることをおすすめします。たとえば、「今すぐには結婚できないけれど、毎日のLINEは欠かさない」といった具体的な約束を取り付けるのもひとつです。今はSNSなどのツールもありますし、遠距離の恋愛も乗り越えやすくなっているのは事実です。

遠距離で怖いのは、“生活”がすれ違ってしまうことですよね。二人で会う時間は絶対に確保してもらうよう、「月に1~2回は必ず会う」という約束をするのもいいと思います。会えない間は、結婚したらできなくなることを楽しんだり、結婚の準備になることを頑張ったりしてみるのもおすすめです。

離れている間に新鮮な魅力を増していれば、彼もトピ主さんを手放したくない思いが高まることでしょう。「まだ結婚を決意できるほど気持ちが高まっていないなら、この先もっと惚れさせてプロポーズさせてやる!」なんて思いで頑張ってみるのもいいかもしれませんね。

変化はピンチでもあり、チャンスでもある。どちらを信じてみる?



今後の不安について、「ずっと待っていて結局別れることになったら?」「他に好きな人ができたら?」「待っていた時間が無駄になったらどうしよう?」と語っているトピ主さん。ですがこの3つ、よく考えれば遠距離恋愛だけに限らない悩みですよね。近くにいても別れることになる場合もあるし、他に好きな人ができてしまうことだってある。「待っていた時間が無駄に……」というのも、結婚に至らないすべての恋愛に共通する悩みです。

仮に今すぐ結婚したところで、遠距離になった後の関係がうまくいかなければ、結局は離婚となる可能性だってあるわけです。籍を入れて縛っておかないと不安になってしまう関係というのは、少し頼りなくも感じませんか? トピ主さんが今考えなくてはならないのは、「今後どうやったら不安にならずに、楽しく仲良く交際を続けていけるか」という点のような気もします。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

新着記事