遠距離恋愛中のSNSのデメリット 彼氏と上手に交際するためのコツは【イラスト】

遠距離恋愛中で彼氏と遠く離れていても、今は様々なSNSが発展している時代。恋人同士の距離はスマホのない時代よりもぐっと縮まったように思います。
しかし実際のところ意外とドライなSNSの使い方をしているカップルほど、長続きしているという傾向があることがわかりました。
遠距離恋愛中こそ、SNSからはちょっと距離を置いてみるのが長続きのコツ!
今回は、遠距離恋愛中のSNSのデメリットや上手な付き合い方のポイントについてご紹介します。遠距離恋愛を長続きさせるための秘訣として参考にしてみてくださいね♡

遠距離恋愛中のSNSのデメリット1:相手の行動が気になりすぎる


恋人のSNSを見すぎると、行動がわかるぶん逆に不安になっちゃう!?
恋人のSNSを見すぎると、行動がわかるぶん逆に不安になっちゃう!?

FacebookやTwitter、Instagramなどで恋人とつながっているのは、もはや当たり前。LINEに至っては、なくてはならないツールと言っても過言ではないでしょう。
SNSは、恋人と一緒にいなくても、その日にどこに行ったか、何をしたか、誰といたか、何を食べたかまでわかってしまうツールです。
相手の行動が見えるぶん、不安もなくなりそうですが……
相手の行動が逐一気になって、逆に不安になってしまった
ちょっとした行動が引き金になって、浮気しているのではないかと心配になり、気にしだすと止まらず食事も喉を通らなくなった」そんな経験談がちらほら。

気を付けるべきポイント


SNSを通して、あれこれ彼の行動や気持ちを深読みしすぎる性格の人は、彼氏のSNSは見ないほうがよさそう。
また、ビデオ通話で相手の顔をいつでも見られるのは嬉しいことですが、
「通話するのを週に1度くらいまで減らしたら、干渉しすぎることがなくなった」という声も。
離れていて寂しいという気持ちはわかりますが、連絡のとりすぎもあまり良いとは言えないみたい。
適度な距離をとりつつ、相手との信頼を深めていくのも大事なのでしょう。

遠距離恋愛中のSNSのデメリット2:久しぶりの再会の新鮮さがない


SNSを見たり通話したりしないぶん、再会したときの新鮮さはアップ♡
SNSを見たり通話したりしないぶん、再会したときの新鮮さはアップ♡

SNSでいつも相手の近況を見ていると、会っていない時期もそばにいるような感じがする、というのはSNSのメリットのように思えますが、これも遠距離恋愛中は悪い方向に転ぶこともあるようです。
「久しぶりに会ったときの新鮮さがないので、SNSはあまり見ないようにしている」との意見も。
感動の再会のとき、最近の出来事を話したり、ちょっと変化した相手の姿を見たり……そんな楽しみをとっておくのも、遠距離がうまくいくポイントのひとつなのかも。

気を付けるべきポイント


楽しかった思い出や、新しい出来事(とてもかわいいお店に行った、イメチェンをしたなど)は、いち早くSNSにアップしたくなってしまうものですが、そこをぐっとこらえて、彼に会う時まで心に秘めておくのもモテポイント。次に会った時の話のネタにもなります。
また、次に会う予定がまだまだ先という場合には、自分のSNSにアップする前に彼だけに個別に写真や気持ちを送るというのも一つの手。みんなに公開する前に彼だけにお知らせするというのは特別感も与えられ、相手をドキッとさせられるはずですよ♪

SNSでのつながりは最小限に


こうしてみてみると、遠距離恋愛を着実に続けたい人ほど、恋愛とSNSとは切り離していると言えるのかもしれません。
「彼氏からの”いいね”がない!」「ビデオ通話があまりできなくて淋しい!」そんなことを思っている遠距離恋愛中の女子も、ちょっと考え方を変えてみれば、それがふたりの信頼関係をさらに強くしていくきっかけにもなりそうです。SNSとの付き合い方を考えてみて、遠距離恋愛をうまく続けていくコツを探ってくださいね。
(大石蘭)
1

この記事を書いたライター

大石蘭
1990年生まれ。イラストレーター、文筆家として活動中。著書『妄想娘、東大をめざす』(幻冬舎)他

関連記事

今、あなたにオススメ