初デートで“期待はずれ”だと思われる女子 男子が二度とこいつは誘いたくないと思う決定的な理由とは

はじめてデートをするまではとっても盛り上がっていたのに……彼が急に冷たくなったのはなぜ?

「最初は、向こうからグイグイ来てたくせに、デートのあとから彼の様子がおかしい」
「はじめてデートしてからLINEの反応がよくない……なんで?」
「1回目のデートから次の誘いが来ない」
――こんな経験を持つ女性も少なくはないのではないだろうか。それは初デートのときあなたが男性がいやがる態度をとったせいかもしれない。今回は男が“もう二度と誘わない理由”に迫ってみた。

 
 


奢られて当然と思っている女はNG


・「もちろん、初回のデートくらいごちそうしますよ。でもね、女性から奢ってくれて当たり前的な態度を取られるとそのあとはもうないよね。会計時にお財布取り出すフリくらいはしてほしいよ」(30代・柔道整復師)

・「たとえデート代や食事代が高額でなかったとしても『今日はありがとうございました。ご馳走様でした!』とか『楽しかったです』って笑顔で言ってほしい。礼がない女性との次のデートは絶対にないね」(30代・公務員)

・「コッチがレジで支払いしててもただ突っ立ってるような女はありえない。せめて『いくらですか?』って聞いてくるくらいしてくれてもいいのに……」(40代・塾講師)

・「居酒屋デートで会計が一万ちょっとだったので“自分が7で彼女が3”でいいかと考えた。支払い時に『三千円もらってもいい?』と伝えたら、彼女は『え? なに? 私も払うの?』という反応。俺なりに精一杯だったのに、ガッカリだった」(20代・編集)

――“初デート時の会計問題”はその後の二人の関係を左右するといっても過言ではない。
「このくらいならおごってもらっても当たり前だよね」「向こうは好きで誘ってきたんだし……」などと“男が支払ってくれること”を前提で受け止めていないだろうか。または会計時に割り勘を提示されて「何? この男、私から金取るの?」「こんな金額なのに割り勘にするワケ? セコい」というホンネが顔に出ていないだろうか? 「払ってもらって当然」「私にはそれだけの価値くらいある」ではない。まだあなたは恋人として認定されたわけでも、結婚して妻となったわけでもないのだ。

初デートのお会計時はどう振舞うのがベスト?


「女なんだからおごってくれて当然」「食べさせてもらえて当たり前」でなく、彼がデートに費やしてくれた時間や彼が割いてくれた労力に敬意を払い、感謝の気持ちを忘れないようにしよう。一度も財布を取り出そうとしない女や配慮の足りない女を男は決して自分の本命や恋人には選ばない。お礼の気持ちを持って相手と接するのがデートの際の礼儀作法である。

勝手に仕切ってしまう女はNG


・「『私、○○が食べたいで~~す』『今、こんなお店が流行ってるみたいですよ』っていう提案ならウエルカムだし、意見を出し合って行先を決めるならいいよ。でも自分でデートコースや行く店を先に決めちゃう女性はパス。こういう女は絶対に我が強くて姫体質だからね。付き合いたくない」(40代・コンサル会社)

・「俺から誘っていざデートってなったときにお店を勝手に予約しちゃった女性がいた。彼女は気を利かせたつもりだったのかもしれないけど……なんというか俺は立つ瀬がなかった。しかもその店が気取った感じのレストランで、カジュアルファッションだった俺は店の雰囲気にそぐわずにひとり浮いてた」(30代・土木)

・「『私、前からすごくここに入ってみたかったんです!』と彼女に連れてこられたお店は自分には敷居の高い店で値段もすごかった。金銭感覚の合わない女との付き合いなんてムリだよね」(30代・運輸)

――男性の懐事情を読まずにお店をセレクトしてしまったり、向こうから頼まれもしないのに勝手に店を予約してしまうのはNG。初回デートは男性優位で進めよう。
1
2

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ