小食な男子に対する女性の本音 食べない男子はモテない…?

発言小町に「小食な男性を女性はどう思う?」という投稿が寄せられました。昔からずっと小食で、「成人男性が普通に食べる量の半分ぐらいしか食べない」という男性のトピ主さん(30歳)。「体は小柄ではあるものの、特に問題ない」と考えていたそうですが、最近デートをした女性に「私よりも食べないんだね」と言われたことが気になっています。

「小食な男性」とのデートで思うこと
「小食な男性」とのデートで思うこと


女性から見て「男性が小食」というのは魅力が下がるのか、結婚相手や付き合ってもいいと思うのか……について意見を求めています。

「小食な男性」に対して女性が思うこと


小食な人、普通量の人、大食いな人。何が正解ということはないのですが、恋愛となると、どうしても異性の印象や反応が気になるものですよね。デート中の相手が「小食な男性」だったときに、女性がマイナスに感じることとして考えられるのは、以下の4点だと思います。

1.男性側があまり食べないと、女性側はたくさん食べにくい


もっともポピュラーな理由はこれでしょう。特にデートなどであれば、「大食いだと思われたくない」「かわいげのある振る舞いをしたい」という理由で、目の前にいる男性より“少なめ”に食べようとする女性はいると思います。男性側が小食だと、「自分ばかり食べている」という状況にためらいを感じ、途中で箸を置いてしまう女性もいることでしょう。

女性に気を使わせないために……
食事量は「体型」にも関連しますし、そのあたりを過度に気にするのは、いわゆる女性心理です。男性は理解するのが難しいかもしれませんね。しかし、意中の女性にそうした思いをさせたくないと思うならば、事前に「たくさん食べる女性っていいですよね」「女性が食べる姿はかわいい、好きだ」などと告げておき、気持ちを軽くしてあげるのがおすすめです。「体型」に関する話題も、あまり積極的にしないほうがいいように思います。

2.注文が少ないと満足に頼みにくく、「倹約家」の印象を持たれるとも!?


また、普段は5品くらいオーダーするという人が、相手に「3品で十分だよね?」という態度を取られると、「足りない」と思っても頼みにくい、といったことも起こり得ます。多く頼むと、相手にも金銭的な負担をかけてしまうし……と遠慮する人もいるでしょう。「それだけしか頼まないなんて、節約家なのでは?」などと思われることもあるかもしれません。

女性に遠慮させないために……
そうした事態を避けたければ、デート中は自分の基準だけでオーダーしないよう気をつけ、相手の食事量の基準もなんとなく探ってみるといいと思います。「僕は小食なのですが、じゃんじゃん頼んでくださいね!」と言ってみるのもおすすめです。

3.「料理の作りがいがない」「食の楽しみを共有できなそう」と思う


たかが食事、されど食事。交際の上では“食の価値観”が合うことは意外と大事ですよね。「料理を振る舞うのが大好き」という女性の場合、食に興味が薄い相手だと、「作ってあげる楽しみがない」などと落胆する可能性も考えられます。「一緒にグルメな食べ歩きをしたい!」などと食をエンターテインメントと捉えている人であれば、「一緒に楽しめないからつまらない」と思われることもあるかもしれません。

しかしながら、この点は無理をしても仕方ないように思います。お酒などもそうですが、「一緒に飲める相手と結婚したい」という相手のために無理してお酒を飲み続ける……ということはなかなか難しいですよね。食べること自体が嫌いなわけではなければ、相手の嗜好(しこう)を一緒に楽しんでみるのもひとつですが、体を壊してしまいますし、長く無理はできないですよね。

無理をしても交際は続かないから……
1
2

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡