マンネリ期にありがちな2つの感情の変化 別れの危機を回避するには?【イラスト】

彼氏と付き合いが長くなれば一緒にいてもときめかなくなったり、デートがマンネリ化したりはよくあること。
どんなに仲がよさそうに見えて長続きしているカップルだって、ずっと超ラブラブのままの関係をキープしているとは限らないようです。
表向きにはなんの問題もない仲良しカップルに見えても、マンネリ期は試練のとき……。マンネリしてしまった時にどう乗り切れば良いか、今回はマンネリによる別れの危機を回避する奥の手をご紹介します!

マンネリ期をどう乗り切る!?


マンネリを乗り切るための方法……あなたならどんなことを思い浮かべるでしょうか?
自分磨きをして、色気のあるステキな女性に変身し、彼を惚れ直させる!
珍しいデートスポットに行ってみる!
たまには愛を言葉でちゃんと伝えてみる!
そんなふうに、大なり小なり努力をして、ふたりの関係に新鮮さを取り戻すのももちろん大切。
でもどちらかの愛情が冷めかけている場合、それが決定的な予防策につながるかというとギモンです。

そもそも、マンネリ期の危機として考えられるのは、「他に気になる人ができた」「価値観が合わない」というこのふたつが大きいのではないでしょうか。
この二大危機に立ち向かうために使える、ちょっと思い切った「奥の手」について調査してみました。

他に気になる人ができたときは、彼氏にそのことをあえて伝えるべし


他に気になる人ができた!これって彼に言っていい?
他に気になる人ができた!これって彼に言っていい?

最近、彼よりも魅力的に思える人がいる。あの人と付き合ったら刺激があって楽しそう。彼にないものを持っていそうな男性に惹かれる。あの人となら結婚してもうまくいきそう……。
――そんな思いが頭をかすめてしまうときは、他の人を好きになりそうなことをあえて彼に言うというパターンもアリなようです。
この方法の狙いは、「もっと彼女を大事にしよう!」「もっと彼女をときめかせよう!」という彼のモチベーションを上げることにあります。また、自分ばかり損しているような気がしている彼女なら、正直な気持ちをつぶやくことで自分の溜め込んだストレスも軽減できるし、彼を手の平で転がしている感を楽しめるという意見も……!?

ポイントは?


もちろん、思ったことをすべてそのまま口にするのは危険。彼のプライドを全否定するような表現は避けたほうが無難です。
さらに、「別れ」に直接つながるような言い方もNG。愛情が冷めかけているカップルだと、「じゃあ別れる!」という結論にあっさり至ってしまうことも……。

それでは本末転倒ですので、さじ加減には気を付けつつ本音を伝える努力をしてみてくださいね。

彼と価値観が合わないときはほったらかしてみるのも手


価値観が合わない……指摘するべきか、歩み寄るべきか?
価値観が合わない……指摘するべきか、歩み寄るべきか?

付き合いたては相手に合わせようとしたり、好かれようとしたりして、お互いの価値観の違いは目立ちにくいものですが、一緒にいる時間を重ねるにつれ、「この人とは決定的にココが違う!」というズレが目につくことも多くなってきます。
「やっぱ合わないわ。別れたほうがいいかも」そう早まる前に、ちょっと待って!
一旦そのズレに目を向けるのをやめてみましょう。
相手に無理やり執着したり、期待したりせず、ある程度放任主義にする……そうすると、今まで気になっていたポイントが案外どうでもよかったことかもと思えるようになることも。

ポイントは?


性格が合わない=別れるべき と決めつけないこと。
どんなに相性がよくても、他人同士ならどこかに合わないところがあるのは当たり前。
でも、長く付き合っていくうちに、相手の性格や行動パターン、キャパなどがわかってきて、それが信頼関係につながっているという部分もあるはずです。「こんなことしちゃうの?」と呆れるところもある一方で、「こんなことはしないだろう」という信用も増えてくるでしょう。

安定した恋愛に必要なのは何よりも「信頼関係」なのかもしれません。
マンネリ期こそ、お互い正直な自分でアプローチしましょ♪
(大石蘭)

この記事を書いたライター

大石蘭
ファッション・ガールズカルチャーをメインに、 女の子のかわいいを追及するライター・イラストレーター。WEBや雑誌のほか、ブランドコラボなど多岐にわたり活動中。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡