ダイエット中の飲み会で最適な食べ物は 二択クイズで学ぶおすすめメニュー♡

年末年始の飲み会シーズンって、ダイエッターにとっては頭の使いどころ。ダイエットの挫折をおそれてなにも食べないのはさみしすぎるけど、これまでの苦労が水の泡になるのももったいなさすぎますよね。

今回は、ダイエットに有利なメニューをわかりやすい2択方式で紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!



摂取カロリーだけで判断するのはよくない!?


カロリー計算によるダイエット法の長所といえば、一定のカロリーを減らせば一定の体重が落ちることが多く、対策と結果の関係が数字で見えやすいところです。
ただ、体重が減るときに脂肪とともに筋肉も落ちてしまうのはよくあるパターン。筋肉が落ちると知らない間に代謝が落ちて、ヤセにくい体になってしまうのです。

また、冬場は気温が下がるために体内の血流が滞りがち。むくみや代謝の低下が気になりますよね。筋肉が落ちるのを防ぐには、まず第一に十分なタンパク質を摂ること! では、冬の気候のなかでもヤセやすい体質を保つには、さらにどんな方法があるのでしょうか?

改善ポイント:体を温める食品をとる


冷たい飲み物よりは温かい飲み物、食べ物もスープや鍋などの温かいメニューを選ぶのを、まず基本として心得ましょう。さらに、食べ物や飲み物には食材そのものがもともと持っている“体を温める性質”や“冷やす性質”があると言われています。

「四性」は、体を温めるものから冷やすものまでを段階わけした漢方医学の本家・中国に古くから伝わる考え。
体を温める食材(温・熱)と体を冷やす食材(涼・寒)の4つに、中間の食材(平)を加えた考え方です。
川嶋朗『冷えとりの教科書』(2012年12月、マイナビ)

代謝をアップさせたいときには、体を温めてくれる「温」「熱」の食材を積極的に食べるのがオススメです。飲み会や外食で迷ったときにもそのまま使える、二択方式でご紹介しましょう!

温まるメニューはどっち? 7番勝負


代謝をアップさせたい時には温かいメニューを食べるのが吉! というわけで、体を温めてくれるメニューを二択形式でご紹介します。下の診断ツールをぽちっとしてあなたの食の知識があっているのかチェックしてみてね!




ワイン篇


A/赤ワイン
B/白ワイン

川嶋朗『冷えとりの教科書』(2012年12月、マイナビ)

EDITOR

由井妙/studio woofoo
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ