部屋干し臭で彼からドン引きされないために エアコンの風で洗濯物を乾かすのは今すぐやめて!

年末年始の飲み会シーズンが今年もやってきました。飲み会は彼との距離を縮める絶好のチャンスでもありますが、暖房の効いた居酒屋でちょっと汗ばんだときに服から部屋干し臭が漂ってしまう……という事態に陥ったら……。うかうか気になる男性の隣にも座れません! におい問題は女子の大敵!
今回はそんな時に使える、今すぐできるにおいの対策法をまとめてみました。
部屋干しのにおいに要注意!
部屋干しのにおいに要注意!

部屋干し臭は、男子と接近してから気にしても遅い!


なかなか外に洗濯物が干せず、どうしても部屋干しになってしまうのって、特に一人暮らしの女子には多い悩みですよね。しかも冬は洗濯物がさらに乾きにくいし、部屋干し用の洗剤を使ってもなんとなく服がにおってしまう……。
洗濯物が乾いたときにはいやなにおいに気がつかなくても、湿ったり汗をかいたりしたときなぜか復活してくるのが部屋干し臭の厄介なところです。また、タオル類ってバスタオルからハンカチ、台ふきまで、カビちゃったみたいにイヤなにおいがしてくることがあると思います。

対策は、飲み会シーズンの前に徹底しておくことがカギ! 事前ににおいを防いで、年末は安心して男子の隣に座りましょう。

対策その1.洗濯で今すぐやめるべきこと


エアコンの下で部屋干しはダメ


早く乾きそうだからという理由で、エアコンの下に部屋干しする人がいます。これ、エアコンが汚れているとカビ&ホコリっぽいにおいがもろについてしまって逆効果なんですよ。続けたい場合は、エアコンを常に掃除してかなりキレイに保つ必要があります!

洗濯機に衣類をためるのはダメ


どうせ洗濯機にみんな移すから、と言って脱いだものを直接洗濯機にためていくのはオススメできません。洗濯槽が湿った状態をキープしてしまい、生えたカビが洗った衣類にまでつくようになってしまいます。洗濯機にダイレクトに入れるのではなく、洗濯かごを活用する、ためる前にこまめに洗濯するなどの対応を忘れずに。

干し忘れをそのまま干してはダメ


部屋干し用の洗剤だからイケるかな? という適当な思い込みのもと、長時間洗濯機の中に放置して、1日中干し忘れていた洗濯物をそのまま干したらくさくなるのも当然。どうしても忙しくて、洗濯物を干すのを忘れてしまったり、洗濯が終わってからかなり時間があいてしまった場合は、殺菌効果アリの洗剤でもう1回洗濯すれば、部屋干し臭はちゃんとリセットされますよ。

ぎっしり干してはダメ


部屋干ししていないのにあの湿っぽい嫌なにおいがする……という方は、ぎゅうぎゅうに干している可能性があり。たとえ天日干しでも衣類やタオルをスペースぎゅうぎゅうに干してしまうと、洗濯物が湿っている時間が長引いて部屋干し臭が発生してしまいます。ある程度感覚をあけて干すのがベターです。

ずばり、ニオイのもとになる菌を増やさないことがニオわない部屋干しのコツです。
殺菌成分入りの洗剤を使うこと、洗濯したらすぐに干すこと。シンプルだけど、こういった点をしっかり実行してみてください。

対策その2.思い切ってメンテナンス


洗濯機のクリーニング


洗濯機がカビくさくなってきたときには、洗濯槽がすごく汚れていると思ってください。クリーナーでのカビ落としは、2、3カ月に1回が最低の目安だと言われています。

クサくなったタオル復活法


クサくなったタオルは、うまく殺菌するとニオイをとることができますよ。
洗面器にタオルを入れたら、ワイドハイター粉末タイプなどの洗剤を小さじ1杯ふりかけます。熱湯をヤカン1つ分かけ、割り箸などでつまんだタオルを液のなかで軽くゆすります。その後、洗濯機にかけ、脱水を2回して干せば完成です。



知識さえあればすぐにやめられる洗濯のNG行動やカンタンなコツばかりだから、さっそく部屋干し臭の対策をスタートできますね。

年末年始の飲み会シーズンって、ふだんはたくさん話せない人と接近するチャンスも多くなりますよね。アルコールや空調のおかげで、冬でもけっこう飲みの最中に汗ばんでくることってあるもの。まして、前から気になってた男子と近くで話せる♪ なんてとき、緊張して体温が上がっちゃうのも起きがちなことです。
そんなとき、着ている服に部屋干し臭の危険がひそんでいると、彼に嫌なにおいと思われていないか、とてつもなく不安になるはず。また、ちょっと洗濯臭の気になっていたハンカチしか持っていないと、気になる男子に差し出して女子力を発揮するチャンスを失うなんてことにもなっちゃうかもしれません。

服のニオイを気にせずに、飲み会を思いっきり楽しめるよう日々対策を万全に!
(由井妙)

EDITOR

由井妙
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡