【騙されないで!】チャラい男子がやりがちなこと3つ

だから「わたしのことを楽しませてくれる男子が好き」という女子の考え方には、なんの罪もないでしょう。
おもしろさと誠実さが、ちょうといい塩梅になっている男子を見極めるというのは、「人を見る目」がないと、おそらく無理でしょう。
人を見る目を養うには……何回か、痛い思いをするしかないのです。人は成功体験からは、さしたることを学べないものの、失敗からは山のように教訓を得ます。

3. 女子ウケするスポットを知りすぎてる男子に注意



女子ウケするデートスポットや洋服などをよく知っている男子には気をつけましょう。
気の利いたデートスポットを知らず、初デートなのに「どこに行く? なにをしたい?」と女子に聞きまくる男子というのもどうかと思いますが、朝から晩まで女子のことを楽しませまくる男子というのも、いかがなものか、ということです。

ふつうは、男女とも真剣に仕事をして誠実に暮らしていたら、気の利いたデートスポットや、モテ服のことを、さほど知らないのです。それでふつうですから。

いかがでしょうか。
男女に共通して言えることですが、誰だって「モテたい」と思えば、血が騒ぎ、いろんな戦略的な行動に打って出るものです。それって、ある意味、本能ですから、それはそれでかまわないのでしょう。
でも、そういう面を見るのと同時に「その男子がどれくらい誠実な人なのか」も見ておかないと、女子として痛い目にあうということです。
「モテ服」とか「モテる行動」を知るのとおなじくらい、「人を見る目」を養っておくというのが、大切なのです。
(ひとみしょう)

EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ