男がきゅんとする女子のトークテク プライベートは隠しすぎない方がモテる♡

今回は、男ウケするトークテクニックについて、お届けします。
世の中には、まれに、話上手さん・聞き上手がいます。そういう人たちは、老若男女問わず、モテまくっていたりします。
話上手さんや聞き上手さんに、そのへんのコツについてお聞きしてきましたので、さっそくご紹介しましょう!

(c)LAURIRE PRESS
(c)LAURIRE PRESS


1. 彼の自慢話に驚いてあげる


男子が真剣に話を始めると、なぜか、自分の自慢話と仕事の話にたどり着きます。とくにお酒が入った男子は、自慢話か仕事の話しかしない……こういうことになったりします。
女子に対して、そういう話をしない男子は……あなた以外のほかの女子に、そういう話をしていたりするのです。
自慢話をする男子はろくなもんじゃない……というのが、女子向けの恋愛のセオリーだったりもしますが、ここはひとつ、少しばかり彼の自慢話につきあってあげつつ、ポイントポイントで驚いてあげるといいのです。

自慢話をする男子は“さみしがり”ということを理解しよう


自慢話って、自慢に始まって自慢に終わるわけではありません。
自慢話の奥には「おれのことをもっと知ってほしい」という、さみしさに似た心理がはたらいていたりします。
わかりやすい例を挙げると「昔はお金持ちでモテていた」ということを自慢する彼は……「今は昔ほどモテないし、お金もないけど、それでも、どうにかしてもう一度『モテるおれ』になりたいと思っている」ということです。
つまり自慢話の裏には、男の哀愁と、それでも前を向いて生きていきたいという希望があるわけです。
女子として、そのへんのことを察してあげるといいのです。
あるいは「昔のことは終わったことでしょ! グズグズ言わないで楽しく飲もうよ(遊ぼうよ)」というツッコミができるのであれば、そうすればいいのです。それで彼は満足するのです。
自慢話をしている当の本人だって、「つい自慢話をしちゃうおれ」を、最良のものとは思っていないのですから。

2.彼の仕事の苦労話はどんどん掘り下げてあげる


EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ