彼氏がマンネリするエッチのパターン ずっと最高のセックスをするために

彼氏との付き合いが長いと、夜の営みだってマンネリ化してくるでしょう。女子だって思うことはあると思いますが、今回は男子がマンネリに感じてしまうエッチのパターンとその改善法について紹介します。
さっそくみていきましょう!



ダメなパターン1. いつも同じ場所でのエッチばかり


いつも彼氏の部屋でエッチをしていたら、そりゃあ、男子は飽きてきます。マンネリに感じてきます。「おれの冴えないベッドで、いつも同じ体勢で前戯をして……。シングルベッドゆえ、ふたりの可動域がおのずと決まってくるから、いつもいつも同じ体位でエッチして……。ああ、マンネリ……」と思えてくるものです。

高級なホテルに行くなど、エッチにお金をかける


ズバリ、エッチにもっとお金をかけてみてはいかがでしょうか。極端な例を挙げるなら、1泊10万円ほどするホテルでエッチをするわけです。ふたりとも、1泊10万円の部屋にかるく緊張することでしょう。そして、広いベッドの上で、あるいは夜景が見えるバスルームで気持ちいいことをするのです。

お金をかけなくても、エッチする場所を変えるだけでもよし


そんなお金なんてないという人は……。彼女が実家暮らしであれば、彼女の部屋でエッチできないこともあるでしょう。が、たまには彼女の部屋でエッチすると、彼氏は燃えます(萌えます)。ホントに。いつもベッドの上だけど、たまにはソファの上で……とかそういうことでもいいのです。ちょっと変化を加えるだけで気持ちは盛り上がるものですよ。

ダメなパターン2. いつもフェラからのバックでフィニッシュ


言うまでもないことですが、いつも体位が同じ……というのだって、男子は飽きます。もちろん、たとえばバックじゃないとイケない女子もいれば、バックじゃないとイケない男子もいます。でも、ほかの体位ではイケないかもしれないことを承知で、体位を変えてみるのです。

“48”もある体位を楽しむ


イケないのを承知で体位を変えるときに大切なことは「この体位じゃイケないかもしれないけど、やってみようか」というカップルの探求心と、そこに含まれている情熱と合意です。世の中には、どうやってやればいいのかちょっとよくわからない体位も含め48の体位があるわけですから、彼氏と「イケないのを承知のうえで」楽しんでみては?

ダメなパターン3. やってみたいことがあるけど恥ずかしくて我慢してしまう


EDITOR

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ