“私なんて“と考えがちなネガティブ女子必見  自分の長所を100個見つけて

そういう自分の「ちょっといいな」と思える長所を、まずは100個挙げられるようになることを目標に探してみてください。最初は、苦戦するかもしれませんが続けていくうちに、日常のなかで自分の長所が見えてくるようになります。
また、周囲の人に自分のいいところを聞いてみましょう。新しい自分の長所を発見できますよ。

見つけた自分の長所は、スマホにメモして残しておいたり、手帳に書きためたりしておきましょう。
「やっぱり私なんて」と自信のない私に引き戻されそうなとき、それを読み返すと、自分のよいところが再確認できます。



短所も長所に変換することで自分をもっと好きになれる!


長所探しのもうひとつのポイントは、「短所も見方を変えれば長所になる」ということです。
たとえば「仕事が遅い」というのも、「じっくりと仕事に取り組める」と言い換えられますし、「周囲に流されやすい」というのも「協調性がある」ととらえることができます。
そうやって短所だと思っていたことを、長所ととらえることができれば、もっと自分を好きになれるはずです。

自分を好きになったら、今度は周りの人のことを好きになろう


自分のことをちょっとずつ好きになれたら、今度は周りの人を好きになる努力をしてみてください。
自分自身の長所を見つけてあげた時と同じように、相手の良いところ、素敵なところを見つけてみましょう。
「ただの同僚」「同級生」と思っていた相手が、本当はとてもいい人で、自分にとって大事な存在だと認識するきっかけになるかもしれません。
「この人は嫌な奴だ」と決めつけていた人も、先ほどのように「短所を長所に変換」するだけで、実はそこまで悪い人ではなかったと改めて相手のことを知れるチャンスにもなるかもしれません。

自分を好きになることで結果的に、人から愛される女性にもなれ、きっと良い循環を生むでしょう。

卑屈になっていつもネガティブになっていては、恋も仕事も、生活全般に良い影響をもたらしません。あなただって、ネガティブな人と、ポジティブな人だったらポジティブの人の方が素敵だと思いますよね?

いつも気持ちはハッピーで、ぜひ恋も呼び寄せてみてくださいね。
(奥平亜美衣)

EDITOR

奥平亜美衣
作家。お茶の水女子大学卒。『アミ 小さな宇宙人』の内容に従って引き寄せを実践したら現実が激変。ブログが評判になり、著書が次々とベストセラーに。現在バリ島在住

関連記事

今、あなたにオススメ