ズボラ女子でもできる、マフラーやコートをキレイに保つ日々の一手間って?

ファー付きコートや、白いマフラーなど、温かいだけでなく、かわいさや"守ってあげたい感"も演出できる冬のファッション小物。けれど、汚れや傷みがあるだけで、アイテムの良さは半減。もちろんモテも減少してしまいます! 今回は、一工夫で冬小物をキレイに保つ方法を紹介します。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


帰宅後の一手間でマフラーのキレイさは持続!


寒い外から帰宅したとき、早くリラックスしたいこともあって、すぐ着替えたくなりますよね。しかし、そのままクローゼットにしまってはいけません。ここでワンステップ、手入れをするとキレイな状態を保つことができるんです!

1.マフラーやコートは必ず“風を通す”


脱いだコートやマフラーをそのままにしておくと湿気がこもりシワができてしまいます。そこで、片づける前に、「風を通しておく」のがオススメ!

■風の通し方と目安
帰宅後、手で付着したホコリなどを軽く落とします。その後、1日程度ハンガーにかけて吊るしておくだけ!
できればクローゼットにはしまわず、家のなかの風通しが良い場所に吊るすと良いでしょう。これならズボラ女子でも頑張れるのでは? この時、火事の危険性があるのでストーブの近くには置かないように注意です! 

2.ブラシとタオルでケアをする


余裕があれば、コートは袖口、ストールは首など直接肌にさわってしまう部分については、しっかりとケアをしたいもの。
コートはブラッシング、ストールは柔らかいタオルなどでなでます。柔らかいものなら布でも大丈夫!

サワフジ
¥820
100%豚毛を使用し、丈夫でホコリをしっかりと落としてくれるホコリ取りです。柄には、高級天然木を使用。衣類だけでなく、ソファー・ベッド・テーブルクロスなどのブラッシングにもご使用いただけます。

G.B.KENT(ジー・ビー・ケント)
¥6780
ウール・ツイード・カシミアなどの天然素材の洋服地のほこりをやさしく取り除いてくれます。また、油成分が豊富で弾力性が高いので、ブラッシングを繰り返しても生地を傷めにくいのです。


3.ファーアイテムのお手入れは素材に合わせて!


EDITOR

らくしゅみっくす
大切なのは潜在意識、内側から変化を。編集兼ライターでビジネス、ライフハック、マネー術、美容、ファッションなど担当。受付嬢等の経験から心理分析も。音楽、動物、自然が好き

関連記事

今、あなたにオススメ