寒い冬は「野菜たっぷりお鍋」で温まろう♡ 野菜の美容効果って?

鍋と言われて、何を思い浮かべますか? キムチ鍋・水炊き・もつ鍋・豆乳鍋……きっとみなさんそれぞれ好みがあると思います! 鍋の魅力は野菜がたくさん取れて美容効果もあり、食事としても楽しめる点。それでは、鍋によく使われる野菜には具体的にどんな効果があるのでしょう? 

鍋料理の特徴と魅力って?


まず、鍋にはどんな魅力があるのか見ていきましょう♡

1.手軽だからすぐに作れて簡単


入れる材料を用意して煮込めばできあがりという手軽さは、忙しい女子にとって本当にありがたいポイント。それでいて、カラダを温めてくれる効果もあるので、冷え性さんにはもってこいの料理です。

2.多くの栄養が一気にとれる


通常の食事は、ご飯、おみそ汁、おかず……と、いくつかの料理を少しずつ食べていく形ですよね。しかし、おかずの内容によってはバランスが崩れることも。何より、自炊だと毎回すべての栄養をカバーした食事を作るのはなかなか大変! こうした点からも、一気に栄養を取れる鍋は簡単なのにカラダにもうれしい効果がたくさんあるのでおすすめなんです。

3.煮込むおかげで無理なく野菜を食べられる


野菜って一見量が多いように見えても、煮込むことで小さくなります。そのため、多くの野菜を無理なく食べられるのです。また、お腹もいっぱいになるので、とってもヘルシーですよね! 正月太りの解消にもおすすめです。

野菜たっぷり鍋で栄養満点!


冬は気温も低くて空気も乾燥しているので、うっかり体調を崩しやすい季節です。体調を崩せば、美容にも影響が……。そこで、野菜をたくさん入れた鍋を作ってみましょう♡

オススメの具材は?



■白菜
特にカリウムが多く含まれ、塩分を体外に排出する効果があります。ビタミンC及びKも比較的多く含まれ、ビタミンCはみかんと同程度の量を含んでいます。
独立行政法人農畜産業振興機構 野菜ブック「はくさい」

白菜にはビタミンCがとても多く、カリウムも豊富なんだとか。美肌やむくみ対策など、内側からキレイになれそうですね。また、芯と葉で2つの食感が楽しめるのも白菜の魅力♡

■キャベツ
骨の健康維持や止血に働くビタミンKのほか、風邪予防や疲労回復に効果的なビタミンC、腸内環境を改善する食物繊維が豊富です。
独立行政法人農畜産業振興機構 野菜ブック「キャベツ」

EDITOR

らくしゅみっくす
大切なのは潜在意識、内側から変化を。編集兼ライターでビジネス、ライフハック、マネー術、美容、ファッションなど担当。受付嬢等の経験から心理分析も。音楽、動物、自然が好き

関連記事

今、あなたにオススメ