紅白司会 相葉雅紀が女子を魅了する理由 天然で優しい相葉ちゃんにキュン♡

今年の『NHK紅白歌合戦』の白組司会に抜擢された嵐の相葉雅紀さん。
嵐の中では初の紅白単独司会ということもあり、いまから「相葉ちゃんの司会ってどんな感じなんだろう……?」とワクワクしている人もいるのでは?
今回はそんな嵐・相葉雅紀さんにフォーカスを当ててその魅力をお届けしていきたいと思います♡



1.“天然”エピソードが豊富


相葉さんといえば「天然」「動物好き」というイメージが強いですよね。実際に相葉さんのTVでの発言や、嵐のメンバーからの“相葉ちゃん話”を聞いていると、人とはちょっと違う天然エピソードがたくさん!

そもそも相葉さんがジャニーズに入ったきっかけってみなさんご存知ですか? なんと「SMAPとバスケがしたいから」という一心で、相葉さんはジャニーズ事務所に履歴書を送ったのだそう。「お姉ちゃんが勝手に履歴書を送っていた」「ジャニーズの○○さんに憧れて……」などというオーディション秘話が多い中、相葉さんの志望動機はたしかにちょっとだけ天然かも……。さらにその後のオーディションで、相葉さんはマイバスケットボールを持参。その純粋すぎる行動は、聞いているだけでも何だかほのぼのとしてしまいますよね。
そのほかにも「今年1年を漢字一文字で」と言われたときに二文字で答えたり、中学生の頃には「バレンタインのお返しは消耗品が良い」と言った女子に制汗スプレーをあげたことがあるなど、相葉さんにはまだまだたくさんの天然エピソードが。
ちなみにオーディションの雰囲気から「SMAPとバスケはできないんだ……」と悟った少年時代の相葉さんは、こっそりボールを隠したそうですよ。

2.メンバーも認める“優しさ”


2014年の元旦に放送された「元日はTOKIO×嵐 嵐にしやがれ2時間半SP 今年もイチからやり直します!」(日本テレビ系)の中で、相葉さんは小さなドッキリを30連発仕込まれることに。「メイクに使うパフやおしぼりがくさい」「明らかにおかしなコメントばかりを言わされる」など、普通の人ならイライラしてしまいそうなドッキリにも笑顔で“神対応”をする相葉さん。その姿からは相葉さんの人柄の良さが滲み出ていました。

EDITOR

平成生まれ。フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・美容について執筆中。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」

関連記事

今、あなたにオススメ