新年の目標を上手に立てるポイント5つ 来年こそは有言実行♡

「今年こそ痩せるぞ!」と宣言したものの「今年も痩せれなかった……」と今になって後悔しているそこのあなた。全女子を代表していいます。

すごくわかります…!!!(泣)

目標というのは達成される為にあるはずだけど、上手く立てないと夢物語でしかなくなってしまい無意味なものに。ダイエットだけじゃなく学校や仕事や恋愛も。日々の小さな美容ネタでも良いのでいろんな目標をたっぷり作ってゲームのごとくこなしていきましょう!私がここ数年で実践しているお気に入りの方法をご紹介します。



1.ボールペンでメモ帳に書く


スマホのメモ機能ではなく「よし! 書いたぞ!」と実感できる紙にメモすることがオススメ。
つい都合良く書き換えたりできないようにシャーペンではなくボールペンで!(笑)。
大きな紙に書いて部屋の壁に貼ったりしがちだけど、常に目に入ってきてはストレスが溜まるので、持ち歩いている手帳なんかに書いて、たまに見るくらいの刺激がちょうど良い。


2.なるべくたくさん項目を作る


「痩せる」「合格する」というザックリした項目ではなく、「駅では階段を使う」とか「ノート3冊分単語を書く」とか、目標は細かく分けていろんな項目を用意すると良い。できたものから赤線を引いて消していくと頑張れてる感じがして気分も上がる! そうするともっともっと頑張れたりするのです。
なんなら手始めに「明日の朝30回腹筋をする」など書いてみよう。すぐに叶えれそうな目標もたっぷり書くのがおすすめです。 

3.時期は決めない


"いつまでに絶対こう!"みたいに決めてしまうと叶えられない時に凹むし、もういいや〜みたいになりがちなので、あくまでも年単位くらいのゆる設定のが良かったりする。もちろん日時が決まってるものには期間を設定すべきだけどね。「次のデートまでに1kg痩せる」とか。そのあたりは自分で内容を判断しながら決めてみましょう。

4.「○○しない」じゃなくて「○○する」


EDITOR

小鳥遊しほ
イラストレーター/コラムニスト/フードコーディネーター/モデル 豊富な肩書きを活かし、料理や恋愛などのイラストコラムを多数連載中。 書籍「くまっているのはボクなのに。一問一頭」

関連記事

今、あなたにオススメ