石原さとみ&新垣結衣がかわいすぎる♡ ドラマのヒロインに学ぶモテる秘訣

今年も残すところあと少しですが、2016年はたくさんの傑作ドラマを楽しめた1年だったのではないでしょうか? ドラマ関連のファッションや食べものなども流行り、いろいろなヒロインに感情移入した人も多いはず。ここで、今年話題を集めたドラマをもう一度振り返って、それぞれのヒロインたちのモテの秘訣を分析してみました。

ローリエプレス的、モテ女子ドラマはこの4つ!?
ローリエプレス的、モテ女子ドラマはこの4つ!?


『ダメな私に恋してください』……不器用だけど一生懸命な愛され女子


深田恭子さんが「30歳独身、彼氏なし、貯金なし」の“ダメ女”を演じたドラマ『ダメな私に恋してください』。セクシーでキュートなイメージの強い深キョンですが、このドラマで演じるミチコは色気も女子力もない女という設定(それでも深キョン持ち前の色気はあふれ出していますが……)。


そんなミチコをアルバイトとして拾ったのが、喫茶店のマスターとなったドSの元上司(ディーン・フジオカさん)。ここからふたりの奇妙な同居生活がスタートすることに。
朝ドラに続いて、この「ダメ恋」でさらに人気が爆発したディーン・フジオカさんのツンデレな演技にクラクラした女子も多いのでは?


上から目線のお兄ちゃん系の彼に「よしよし」してもらえるミチコのモテポイントは、基本ダメダメでも好きなものにはまっしぐらなところ。それが裏目に出ると、恋愛で貢ぎ癖が出てしまうミチコですが、プラスに転じれば好きなもの(お肉!?)のために仕事もがんばるし、好きな人を喜ばせるために一生懸命になれるところが魅力です。
ダメダメだけど放っておけない女子を、あざとすぎずガサツすぎず絶妙なバランス感で演じられる深田恭子さんは、男性のみならず女性にも愛される存在!

『せいせいするほど、愛してる』……努力家のイマドキ女子


ジュエリーブランドの代表格・ティファニーが全面協力したことでも注目を集めたドラマ『せいせいするほど、愛してる』。テーマはズバリ、不倫。芸能界も不倫ゴシップで揺れ動いた今年、不倫モノのラブストーリーはやはり話題を集めたようです。

武井咲さん演じるこのドラマの主人公・未亜は、ティファニー広報部に務める25歳。努力家で、自分の仕事に誇りを持っているキャリアウーマンタイプです。滝沢秀明さん演じる副社長と不倫の恋に落ち、中村蒼さん演じるジミーチュウの広報マンからは、ヘッドハンティングの誘いを受けると同時に恋のアプローチもされて……。

ジミーチュウの宮沢さんと河原に来ています! #せいせい #tbs #武井咲 #中村蒼

せいせいするほど、愛してるさん(@seisei_tbs)が投稿した写真 -


そんな未亜のモテモテっぷりはちょっとズルいくらいですが、彼らが惹かれるのは、第一に未亜の仕事へのひたむきな姿勢。昔から憧れてきたティファニーで働いているという自負が、未亜の姿を輝かせます。
1
2

この記事を書いたライター

大石蘭
1990年生まれ。イラストレーター、文筆家として活動中。著書『妄想娘、東大をめざす』(幻冬舎)他

関連記事

今、あなたにオススメ