好きな人が全くできない いい人に出会えないのは自分に欠陥があるから?

発言小町に「29歳恋活。どれぐらいの人数と出会えば好きな人が出来る?」という投稿が寄せられました。トピ主さんは29歳女性。恋活を半年間していますが、なかなか好きな人ができず悩んでいます。何度も異性と出会える場所に行き、3人とは2人きりでも会ってみたものの、結局すべて断ってしまったそうです。

(c)LAURIER PRESS
(c)LAURIER PRESS

条件は「波長が合い一緒にいて落ち着ける人、一緒にいたいと思える人」ということだけなのに、「なぜ自分はこんなに人を好きになれないんだろう? 何か欠陥があるのだろうか?」とトピ主さん。「せめて成就しなくても片思いで良いから好きな人ぐらい欲しい」とつづっています。

人格ではなく“状態”の問題!? 恋ができる状態になるには


「どれぐらいの期間で、どれぐらいの人数と出会って相手を見つけたのか、参考や指標として教えていただければ」とのことですが、生涯のパートナーに出会うタイミングは本当に人それぞれ。「半年間で出会っていないなら、まだ時間が必要なのかもね!」なんて気楽に思うのは難しいかもしれませんが、できる限り孤独な気持ちをコントロールする術を身につけた方が、いい結果が出やすいように思います。

仮にトピ主さんがいうところの“欠陥”があるとするならば、人格や人間性にではなく、今の自分の“状態”に何か理由があるのかも……と考えてみるといいかもしれません。

過去の出来事を思い返してみよう


過去に恋人ができたときのことを思い出してみてください。恋愛以外にも夢中になって頑張っているものがありませんでしたか? 人と出会って変化が起きることを心から求め、楽しんでいませんでしたか? 反対に、自分の殻にこもっていたり、世の中や他人に興味を持てていなかったり、自己否定感に苛まれていたり……という状態のときは、どうしても人を好きになりにくいです。

スモールステップで、いい状態を目指そう


人生にはさまざまな時期があります。もしも今の自分が前向きで、恋愛できる“いい状態”でないのだとしたら、そうなるにはどうしたらいいのかを考えて、少しずつ実践していくといいと思います。変化は徐々に表れてくるものなので、急ぎすぎず。「先月よりは私、いい状態かも」「去年の私より、今の私は好きだな」といった小さなステップを喜びながら、自分の“状態”がよくなることを目指していきましょう。

異性との関わりに疲れてしまうのは「深い人間関係を面倒に思っている」可能性も!?


異性と出会える場所に10回ほど行き、半年間で6人に誘われ、3人とデートしたというのは、割といい確率・ペースのようにも思います。でも、相手がそれ以上関係を深めようとすると、トピ主さんのほうが「疲れてしまう」という理由で断っている……。

ひとつの可能性としての推論ですが、もしかしたらトピ主さんは今のところ、「恋人という“存在”がほしいだけで、本心では深く関わる人間関係を求めていない、億劫がっている」という状態なのではないでしょうか。「新しい異性と関係を進めようとすると疲れてしまう」という場合、こういった理由のケースが少なからずあります。

恋愛関係とは、あらゆる人間関係の中でも“最も深い関係”になることを前提とした関係です。トピ主さんは過去に2人との交際経験があるそうですね。過去の恋愛で疲弊した経験があると、深い人間関係を始めることに恐れや億劫さを抱きやすいですが、思い当たる節はあるでしょうか。

恋活より“友活”から始めてみては?


いずれにせよ、深く関わる人間関係を億劫がっている時期は、恋愛に最適なタイミングとは言えないかもしれません。こうした時期は、恋愛からは離れて心から楽しいと思えることに取り組んでいた方が、自然の流れでの恋愛も引き寄せやすいように思います。最初から恋愛前提の出会いではなく、いろんな人に会える場所に顔を出して、広く浅く異性の友だちを増やしていってみては。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事