結婚式やパーティーで男子の注目を集める方法 振り袖・着物でモテ美人に♡ 

友達や同僚の結婚式。彼氏候補の男性と出会えるかも……と期待するも、なかなか初対面の男子と仲良くなるチャンスができず、女友達と話してばっかり……。一方、男女で盛り上がっているモテ系の美人たちがうらやましくなることもありますよね。

でもこれって、男性と話すキッカケが上手く作れていないだけなのかも。美人じゃなくても、男子寄ってきたりエスコートしてくれたりする“キッカケ”作りの方法を紹介します♪


ドレスじゃ美人に対抗できないから着物で注目を


鉄板のドレスやワンピだってもちろんかわいいですが、誰でも着ているから、美人とか色気があるモテ系の人に対抗したいときはハッキリ言って不利。誰だってもれなくかわいいものを着てきているから、差をつけて人の目にとまるのは大変です!

そこで考えてほしいのが、舞妓はんです。舞妓はんは私たちと同じ人間の女子ですが、神秘的で可憐で守るべき存在っていう感じが一目見ただけでしてきませんか?


洋服の人を見るときと違って、和服の人を見るときってちょっと“美人”の観点が違ってくるところも重要なポイントです。着物姿には独特なオーラがあるから、雰囲気イケメンならぬ雰囲気美人を作るのに有利だと言えます!

もちろん和装するだけでプロの舞妓はんの魅力が誰でも出せると言いたいワケではありません。が、着物って、着るだけで美人扱いされやすいアイテムなことはたしか! 使ってみる価値は十分だと思います。

男子からお姫様扱いされるかも!?


男子は振り袖を着ないから、実際の動きにくさがどれくらいなのか想像がつかないものらしいんです。で、極端にいうと、着てしまうと自分では何もできなくなるもの(動きにくいイメージ)=守ってあげなきゃ……と思ってしまう男子が少なくないんです!

ドアやエレベーターでのレディファーストはもちろん、立食の会場で椅子が少ないときに声をかけて譲ってくれたり、料理や飲み物を並んで取ってきてくれたり、なぜか初対面の男子が寄ってきて尽くしてくれることも。

話題作りにもなっておすすめ!


EDITOR

由井妙
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ