風邪の季節に気を付けたい喉のケア ウーロン茶は避けた方が良い!?

自分の声って、いつもケアしてますか? お肌とか髪やネイルのケア方法って雑誌にもよく載っているけど、喉のコンディションを守る方法ってなかなか目にすることはありません。でも、かわいい声って正直、見た目と同じくらいモテには重要な要素なんです。
そこでこの記事では、毎朝カンタンにできるノドを守る方法について紹介します♡

ガラガラ声で恋のチャンスも台無しに!?


見た目はめちゃくちゃ美人っていうワケでもないんだけど声がかわいくて男子に好かれてる人って、身近にいたことはありませんか?
逆に、かなりのゆるふわ系なんだけど声がかなりハスキーだという女子も、そのギャップでモテていたり……。
声って不思議と、見た目と同じくらい、またはそれ以上に女子力に関わってくる重大な要素なんですよね。
ただ、乾燥しやすいこれからの季節は厄介な「ガラガラ声」になりやすくなってしまうので要注意です。


オフィスで電話対応をよくする人や、声出しの多い販売や接客系の職場で働いている人にとっては、仕事上、喉を使い続けるのは避けられません。
ただ、だからと言って声を出し続けているとなかなか傷んだ喉を回復させることができないし、なにより喋りにくいしつらいんですよね。
そんなワケで、毎朝カンタンにできちゃう、ノドの負担を軽くする方法を紹介したいと思います♪

対策1:出勤・通学前のおすすめ習慣


目覚めたら「あくび」するのがおすすめ


ノドをほぐすのには「あくび」がピッタリ! ということが、野口千代子さんの『誰でも2オクターブ出せるヴォイストレーニング』で解説されています。
歌うためのトレーニングをメインに書かれた本ですが、日常のなかで喉を傷めにくくする方法にも応用できるポイントを学ぶことができるんです。

わたしたちの声は、正確にいうとノドのなかでも「声帯」を震わせることによって出ています。
つまり、きれいな声をキープするためには「声帯を守る」のが大切ということなんですね。

EDITOR

由井妙/studio woofoo
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ