人見知り女子が一人ぼっちを回避して飲み会で盛り上がる方法♡

年末年始の飲み会シーズンや親戚付き合い、今年もお疲れさまです! 人見知りさんにとって、みんなで盛り上がろうよっていう場って、人一倍疲れちゃうもの。でも実は、人見知りこそちょっとしたポイントを意識するだけで、恋愛で有利な長所として活かせるんですよ!

今回は、社交的な人を目指さずにハッピーな恋を手に入れる方法について考えてみたいと思います。

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


“人見知り”ってそもそもどんなタイプの人のことを指すの?


“人見知り”ってそもそもどんな特徴を持った人なのでしょうか? 吉岡英幸さんは『「人見知り」は案外うまくいく―不器用な自分のままで仕事と人生がうまくいく方法』のなかで、「超・人見知り」の人のことをこんなふうに書いています。

はじめての人は苦手。なんとなく早く打ち解ける人もいるけれど、たいていそうなるまでに時間がかかる。
友だちになりたいな、という人がいても、なかなかこっちから気軽に声をかけられない。知らない人が多い会合なんかではなんだか居心地が悪くて、気がつくとポツンと一人になってしまう。
吉岡英幸『「人見知り」は案外うまくいく―不器用な自分のままで仕事と人生がうまくいく方法』(2006年10月、技術評論社)


わかるわかると思わずうなずいてしまう人も多いのでは?
一度距離が縮まれば、仲良くなることもできるのですが、そうなるまでに時間がかかる。
誰かと仲良くなりたいとは思っているものの、「なんて声をかけたらいいんだろう」「話しかけたいけど話しかけにくい」――そんな気持ちから人見知りさんは人との集まりの場で孤立してしまうことが多いのだと思います。
では、どうして人見知りしてしまうんでしょうか?
その理由として吉岡さんは人見知りの人=「目的のない会話が苦手」という特徴をあげています。

人見知りが苦手なのは無目的な会話だけ!?


会話には、何らかの目的があって会話する『目的型会話』と、特に目的のない『非目的型会話』があります。
吉岡英幸『「人見知り」は案外うまくいく―不器用な自分のままで仕事と人生がうまくいく方法』(2006年10月、技術評論社)

『目的型会話』は、「お願いする」「相談する」「教えを乞う」「説教する」「合意を得る」「モノを売りつける」「口説く」など、仕事や個人の事情で何らかの目的を持った会話です。テーマの深さと相手との親密度にはあまり関係がありません。
これに対して『非目的型会話』は、相手との親密度によって、どこまで深い階層の話ができるかが決まってきます。
吉岡英幸『「人見知り」は案外うまくいく―不器用な自分のままで仕事と人生がうまくいく方法』(2006年10月、技術評論社)


EDITOR

由井妙
名古屋出身の、なごやんライター。坂東芙三次の名で、女優・日本舞踊家。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物

関連記事

今、あなたにオススメ