むくみ解消や冷え性を緩和する脚マッサージのやり方【静加YOGA】

武田静加が教えるヨガの基本
武田静加が教えるヨガの基本

今年ラストとなる今回の連載では、ヨガの前に行うとより効果がアップする、脚のもみほぐし方についてご紹介します!

・脚がむくんでいる
・脚が冷えている
・脚が疲れている
・脚が重い


などのお悩みがある方にとくにおすすめです。年末年始テレビを観ながらなど、ぜひ試してみてね★

脚のお悩み解消! ながらでできるマッサージのやり方


(1)手でつま先を温めながら、足の指を一本ずつ前後左右に開いたり伸ばしたりして、足の指をほぐします。少しイタ気持良いくらいがベスト!
足の指をほぐします。
足の指をほぐします。


(2)膝を外側に倒して、両手で足の裏をマッサージします
両手で足の裏をマッサージします。
両手で足の裏をマッサージします。

気持ちの良いところ、ゴリゴリするところを見つけてマッサージをしましょう! 押しすぎは禁物です。

(3)膝を立てて手はグーを作り、足の甲をつま先からくるぶしに向かって流すように手でマッサージします
足の甲をつま先からくるぶしに向かって流すように手でマッサージします。
足の甲をつま先からくるぶしに向かって流すように手でマッサージします。


(4)くるぶしの周りもしっかりとゴリゴリ流していきます
くるぶしの周りもしっかり流します。
くるぶしの周りもしっかり流します。


(5)皮と骨をはがすようなイメージで、足の甲から膝下に向かって前側(すね)をつねっていきます
皮と骨をはがすようなイメージで!
皮と骨をはがすようなイメージで!

ふくらはぎばかりをマッサージして、前側のマッサージを忘れてしまったり、やっていない方が多いのでは? でも実は、前側が張っている方が結構いるんです! 本来はブニュっとつまめるくらい柔らかい部分なので、続けることで徐々に痛みも和らぎますよ!

(6)下から上へ、ふくらはぎをもみながら流していきます
ふくらはぎをもみながら流します。
ふくらはぎをもみながら流します。


(7)膝の後ろにあるリンパに老廃物を流します
膝の後ろにあるリンパに流します。
膝の後ろにあるリンパに流します。


(8)太ももを丁寧にもみほぐします。外側はお尻の方までしっかりほぐしてあげてくださいね!
太ももを丁寧にもみほぐします。
太ももを丁寧にもみほぐします。


(9)脚の付け根のリンパを押します。ゴリゴリっとするところを見つけたら、丁寧にマッサージするようにしましょう!
脚の付け根のリンパを押します。
脚の付け根のリンパを押します。


片方の脚が終わったら、反対の脚も同様のプロセスでマッサージしてくださいね♪

私は脚のマッサージの中でも“足の指先ほぐし”と“すねをつねる”のが大好きなので、疲れた時ほどマッサージするようにしています。しっかりやると、次の日の脚の疲れが変わってきますよ♡

継続したマッサージが大切!


体についてしまった脂肪は、固まってしまうとより落としにくい“セルライト”になってしまうと言われています。そのため、できるだけ毎日マッサージを継続することをおすすめします。

また、ヨガの前の準備段階もとっても重要です! 自分と向き合ったり、自分の体を観察するのもいいかもしれませんね♡ 

コツコツできるおうちヨガ
コツコツできるおうちヨガ

来年はもっと自分の体験談なども含めながら書いていけたらなと思っています!
みなさま、良いお年を……♡
(武田静加)

この記事を書いたライター

武田静加
20歳の頃から雑誌「Happie nuts」専属モデルとして活躍。現在モデル業の傍ら、ヨガインストラクターとしても精力的に活動中

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡